審査や発行手数料なしで気軽に使える「Visaのタッチ決済」対応プリペイドカード

写真拡大

 三井住友カードは9月25日に、キャッシュレス決済のさらなる利用促進を図るべく、一定金額以下の支払いならサインレスで決済できる「Visaのタッチ決済」に対応したプリペイドカード「Visaプリペ」を発行した。

 「Visaプリペ」は、国内外のインターネットを含む世界200以上の国・地域のVisa加盟店で利用可能な発行手数料無料のプリペイドカード。審査もなく、携帯電話番号をもつ6歳以上(小学生以上)なら誰でも簡単に申し込める。

 国内外のVisa加盟店のうち、「ローソン」や「TSUTAYA」「表参道ヒルズ」など、「Visaのタッチ決済」加盟店なら店頭の読み取り機にカードをタッチするだけで簡単に決済できる。「Apple Pay」にも対応しており、国内の「iD」加盟店でiPhoneなどをかざして支払える。チャージ方法は、マクレジットカード、インターネットバンキング。セブン銀行のATM、ローソン店頭での現金チャージにも対応する。

 10月1日にスタートした経済産業省による「キャッシュレス・消費者還元制度」の対象となっており、参加店舗で利用すると税込購入金額から5%または2%が還元される。通常利用の還元率は1日〜末日までの利用金額の0.25%。

 有効期限は5年(有効期限の1年前から有効期限到来月の前月26日までの期間にショッピングまたはチャージがあった場合は有効期限を更新)で、残高上限は30万円。チャージ上限は1日あたり30万円、1か月あたり100万円。

 発行開始を記念し、12月10日までに「Visaプリペ」に入会し、12月31日までに「Visaプリペ」の残高へ累計2000円以上をチャージしたユーザーを対象に、500円を残高に加算するかたちでプレゼントする「スタートダッシュキャンペーン」を実施する。