茨城県守谷市の高速道路で、男性が白い乗用車からあおり運転を受け、降りてきた男に暴行された事件。指名手配された容疑者のものとみられるSNSに掲載された黒い高級乗用車と同じナンバーの車が、大阪府内の名神高速道路を走る動画がTwitterに投稿されていることが分かった。NHKニュースが報じた。

動画は1月下旬、大阪府内の名神高速道路を走る乗用車のドライブレコーダーに記録されていたもので、黒い高級乗用車が急に撮影者の車の前に出て、ハザードランプを点滅させながら減速し、猛スピードで走り去る様子が映っている。車を運転していた30代の男性は「後方からパッシングをしながら近づいてきて、進路を塞ぐように急に前に出てきたので驚いた。その後、突然、減速してきたので前の車にぶつかるのではないかと感じてとても怖かった」と話していた。

常磐道「あおり運転」 別の黒い高級車でも「あおり」か(NHKニュース)