治療中止の透析患者20人が死亡 厚労省関係者「底知れぬ闇感じる」

ざっくり言うと

  • 東京・福生市の病院で2018年8月、人工透析治療を中止した患者が死亡した
  • 同病院ではこれまで20人が同じ状況で死亡しており、規定違反の可能性もある
  • 厚労省関係者はゲンダイに「事実なら、底知れぬ闇を感じます」などと語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング