検定を受けた教科書(写真:時事通信フォト)

写真拡大

 文部科学省が3月24日に公表した小学校の道徳教科書の検定結果が、思わぬ波紋を広げている。道徳は来年4月より教科外活動から正式な教科となり、初めて教科書が導入されることになった。ところがその教科書検定をめぐり、文科省から教科書会社に“ダメ出し”が続出した。

 その根拠になったのが学習指導要領だ。「感謝」や「礼儀」、「家族愛」など19〜22の指導内容項目が示され、全てを教科書内に盛り込むことが求められたことがネックになっているという。

 検定対象の教科書は8社作成の計66冊。うち1社の担当者が困惑気味に語る。

「文科省からは“お宅の教科書は●●という項目を満たしていない”という指摘が入るのですが、明確に“どの部分を変えろ”とは指示しないんです。別の教科書会社は、『感謝』の項目にある“高齢者に尊敬と感謝の気持ちを持って接する”という点が足りないと指摘され、〈消防団のおじさん〉という表記を〈おじいさん〉に変更したところ通ったようです。忖度するしかないから、極めてやりづらかった」

 なかでも混乱を招いたのは「国や郷土を愛する態度」の項目だ。ある教科書会社は、この点が不足しているという指摘を受け、〈パン屋〉という記述を〈和菓子屋〉へと変更し、通過した。これでは「『パン屋は郷土愛不足』と文科省が認めた」と取られても仕方がない。

 これに猛然と反論するのは、全国の中小の製パン業者で構成される「全日本パン協同組合連合会」会長の西川隆雄氏である。

「学校給食でパンが出るようになったのは60年以上も前のこと。パン屋は戦後の学校給食と子供たちを支えてきた。それなのに“パン屋だと郷土愛が不足している”なんてあんまりです。“給食の元締め”である文科省のこんな仕打ちを放置はできません。近く文科省に抗議に行くつもりです!」

 実際に教科書の内容を審査したのは文科大臣の諮問機関である教科書用図書検定調査審議会。同委員の1人が匿名を条件にこう話す。

「たしかに指摘が細かすぎたかもしれない。小学校の道徳検定は今回が初めてだったため、各委員が気負い過ぎた面があった。言葉や表現の吟味を厳密にやったが、過度な“愛国教育”を目指したものではない」

 文科省に理由を訊ねたが、「修正は教科書会社の判断」と回答するだけだった。米騒動ならぬ“パン騒動”勃発だ。

※週刊ポスト2017年4月14日号