10日19時、大雨をもたらすような帯状の雨雲は、福島県を中心にかかっています。このあとも局地的に非常に激しい雨が降る恐れがあり、さらに雨の量が増える見込みです。

台風から変わった日本海の低気圧に向かう南風と、台風17号周辺の東風とがぶつかり、南北にライン状に連なる雨雲が発生し、次々と関東から東北に流れ込んでいます。これまでに経験したことのないような大雨となっています。
○関東
降り始め(7日18時)からの雨量は、栃木県で600ミリ、茨城県で300ミリを超えた所があります。9月1か月分の雨の約2倍の雨が、たった3日で降りました。
午前0時過ぎに栃木県に、午前8時前に茨城県に大雨特別警報が発表されました。土砂災害や川の氾濫が発生している所もあります。
○東北
降り始め(6日12時)からの雨量は、福島県の会津地方では400ミリを超え、50年に1度の大雨となっています。
●夜間の避難は危険
このあとも局地的に滝のような雨が降る見込みです。
日が落ちて足元が見えない時間に避難をするのは危険です。雨の降り方や近くの崖や川の様子に異変を感じたら、2階以上の崖から離れた部屋など、比較的安全な場所にいるようにしましょう。
大きな被害のあった、栃木県と茨城県、福島県の天気をまとめました。
※ポイント予報の地点は、大きな被害のあった場所に近い所を選んでいます。


栃木県の天気

今夜は雨や雷雨となるでしょう。あす明け方にかけて、局地的に雨が激しく降る見込みです。雨は、あす朝には弱まるでしょう。
昼過ぎには晴れ間が出ますが、まだ油断はできません。土砂災害は、雨が弱まって時間が経った後に起きることもあります。危険な斜面には近寄らないようにしましょう。


茨城県の天気

今夜遅くにかけて、バケツをひっくり返したような雨が降るでしょう。あすに日付けが変わった後は激しくは降らない見込みです。
ただ、川の様子には引き続き警戒が必要です。上流で降った雨が下流に流れてくるまでに時間がかかるため、これから川の水かさが増える所もあるでしょう。川には近づかないようにしてください。


福島県の天気

浜通りを中心に今夜遅くにかけて、非常に激しい雨が降る恐れがあります。雨で、辺り一面が白っぽくなることもある見込みです。あす明け方にかけて、激しく降る所もあるでしょう。あす朝になると、雨は弱まる見込みです。
ただ、今までの大雨を排水しきれていない所もありそうです。高架下のような低い所に水が流れ込んだり、側溝から水が溢れることもあるでしょう。車の運転や足元など、十分にお気を付け下さい。
また、台風17号の影響を受け、海上は風が強まり、海はしけるでしょう。