長期間の保存が可能なため世界中で愛用されている缶詰食料にとうとうチーズバーガーも加わることになりました。ちょっと意外な商品ですが、パンご飯の缶詰があるぐらいなので、ハンバーガーの缶詰が登場するのは必然だったのかもしれません。

詳細は以下から。The canned cheeseburger ・fast food in the wilderness - gizmag Article

チーズバーガーの缶詰を出したのはスイスを拠点とし、浄水器などを販売する会社「Katadyn」。保存期限は12ヶ月あり、缶詰を火にかけたお湯に入れて1〜2分温めれば食べられるそうです。


100gあたりのカロリーは257キロカロリーで、値段は3.95ユーロ(620円)。以下のリンクで商品購入と詳細の確認ができます。

Trekking Mahlzeiten-Zwischenmahlzeiten-Cheeseburger in der Dose-

日本で販売されたら是非買いたいのですが、扱ってくれる販売店は現れるのでしょうか。

・関連記事
フレッシュネスバーガーでスパムバーガーを食べてみました - GIGAZINE

大阪の「スペシャル(佐世保)バーガー」を食べてきました - GIGAZINE

肉の代わりに「あんこ」が入った「あんバーガー」のお味はいかが? - GIGAZINE

CRTモニタ VS 食料いろいろ - GIGAZINE

記事全文へ