写真はイメージです(以下同じ)

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

“断れない歴30年”の麻衣さん(仮名)がご相談にきたのは寒い季節でした。麻衣さんは、今年30歳になる女性。一度も恋愛経験はないけれど、「恋人未満の男性はいた」とのこと。マッチングアプリ歴は1年ほどです。

◆婚活しても“恋人未満”の男性ばかりが増える

恋人未満の男性について詳しく聞きました。

「月1回ペースで食事に誘われる人がいるんです。会ったのはGWでした」
「GWからもう半年経ちますけど、どういう関係なんですか?」
「さぁ。そういうのを私から聞いて失敗したことがあったので、相手が言い出すまで聞かないでおこうと思ってしまって。たまにLINEが来て『次いつにする?』って聞かれるんです」

半年もデートしているのに、自分たちの関係を確認できずにいるのでした。

「相手からはお店を提案されたりするんですか?」
「いやぁ。お店もほぼ私が探すんです」
「半年も会って距離が縮まる感じもなく、麻衣さんが特別にその方とお付き合いしたいとかないのなら、お断りしてもいいと思うんですが」
「断っていいんですね。誘ってくれるし、モテる訳じゃないので高望みもできないし、どうしようか迷ってました。恋人未満の人、もう一人いたんです」

少し、嫌な予感がします。

「まだ恋人未満がいるの? 過去形ですがどんな人ですか?」
「2回目のデートがクリスマス直前だったんです。かっこいい人で付き合えたらいいなって思ってました。渋谷のイルミネーションを見に行って手をつなごうって言われて手をつないだんです。ホテルに誘われて、そういう関係になって。別れ際に『付き合ってるってことですか?』って聞いたら『そういうことは言わなくても分かるでしょ』って言われて連絡が途絶えました」
「恋人未満じゃなくて、ヤリモクからやり捨てされているだけじゃん!」

ヤリモクとは体目的で登録しているユーザーのことです。言わずもがなですが。

◆デートの場所を男性の都合にあわせてしまう

恋人未満の男性はどちらもアプリを退会しており、現在はプロフィールを見ることができませんでしたが、麻衣さんはまだアプリのアカウントがあったので、どんな男性とマッチングしているのか、メッセージのやり取りを見せてもらいました。

=======
男性「はじめまして。よろしくお願いします。マイさんはどういう字を書くんですか?」
マイ「はじめまして。こちらこそよろしくお願いします。麻衣と申します。」
男性「素敵な名前ですね。麻衣さんはどちらにお住まいなんですか?」
マイ「田園調布に住んでいます。〇〇さんはどちらにお住まいですか?」
男性「浅草の近くです」
マイ「いいところですね」
男性「そうなんですよ。浅草の方来ることありますか? 浅草か上野辺りでお食事でもいかがでしょうか?」
マイ「いいですね」
=======

「浅草デートだと麻衣さんの方が移動距離が長くて、ほぼあちらの都合だけに合わせてますよ。あと、よく知らない相手に、名前と最寄り駅まで言わなくていいと思いますよ。もう少し警戒しようよ。せいぜい『大田区』程度かなぁ」
「浅草にも行ってみてもいいかなとも思ったので。今までもデートは、あちらの家の近くの街が多かったです」

◆相手から雑に扱われていることに気づけない

「それにしても、マッチングしてその日に会う約束って早いですね。この方とはお会いしたのでしょうか?」
「ここから返信も来なくて、やり取り止まっています。
「それ、扱い雑ですよ」

マイさんのプロフィールを見ると、会うまでの希望は「メッセージを重ねてから」になっています。あちらの男性はマイさんの希望を無視しているのですが、マイさんはそういう相手に対して「馴れ馴れしいな」とか「失礼だな」とは感じていないようです。