ギネス世界記録の認定員らと並ぶ14歳の少年(画像は『頭條日報 2020年10月20日付「四川14歲男孩高2米21 挑戰健力士世界紀錄」(網圖)』のスクリーンショット)

写真拡大

中国四川省に住む14歳の少年が「世界一身長の高い10代」の記録に挑戦し、ギネス世界記録の認定員らによる審査を終了したようだ。少年の身長は221cmで、来月には公式に認定されるという。『新浪首页』『LADbible』などが伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

中国・四川省楽山市に住む小宇君(シャオユー)が今月18日、14歳の誕生日を迎えた。小宇君は2年前の小学6年生の時に身長が206cmに達し、この2年でぐんぐんと身長が伸びた。ただ中学2年生で220cm超えとなると、学校の机や制服などは全て特注で、自宅のベッドは長さ250cmのものを使用しているという。

そんな小宇君が18日、ギネス世界記録の認定員らの訪問を受け、楽山市人民医院で身長や足の大きさ、手を広げた時の長さなどの測定を済ませた。

「学校ではいつも1人だけ目立ってしまうんだ。年上に見られるのはあまり好きじゃなくて。だからギネス世界記録に挑戦して、身長が高いことを前向きに捉えようと思ったんだ」と明かす小宇君。今年の8月にギネス世界記録のオフィスに連絡を取って、記録に挑戦することを決めたという。

誕生日当日の測定は朝8時、午後2時、午後8時の3回行われ、小宇君の身長は221cm、221.1cm、221cmを記録。221cmの記録がイギリスのロンドンにあるギネス世界記録の本社に送られ、公式に認定されるのは来月になるそうだ。

認定員のルー・レイさん(Lu Lei)は、小宇君の記録について次のように述べた。

「『世界一身長の高い10代』は13歳から18歳が対象です。これまでの公式記録では、2015年4月30日にアメリカのケヴィン・ブラッドフォードさん(Kevin Bradford)が215.9cmで10代の男性のカテゴリーの世界記録保持者になりました。ただ彼は1998年生まれで18歳を超えています。女性の記録では、2014年3月19日にトルコのルミヤ・ゲルギさんが(Rumeysa Gelgi)が213.6cmで認定されていますが、彼女も1997年生まれでこのカテゴリーからは外れています。小宇さんはまだ14歳ですから、今後がとても楽しみですね。」

また小宇君の祖母は「孫は幼稚園の時にはすでに130cmくらいありました。これまでホルモンなどに異常がないか何度か検査を受けていますが、全て正常でした」と明かすと、高身長の理由についてこう語った。

「私の身長は175cm、小宇の母親と母方の祖父は190cm以上あるのです。父親の身長は180cm以上で、父方の祖父母は170cmを超えています。高身長なのは遺伝子が関係しているのでしょうね。」

なお測定を終えた小宇君は「記録はとても嬉しいよ。でも今の僕に本当に必要なのは、しっかり勉強することさ」とさらっと言ってのけた。

ちなみに小宇君は、高身長で体重も平均より重いことから足への負担がかかり、これまでに何度か足の手術を受けているという。バスケットなど身長を活かしたスポーツよりも、SF・ファンタジー小説を読んだり、コンピュータゲームやビデオゲームで行われる競技「eスポーツ(e-Sports)」が得意で、将来はeスポーツのプロとして活躍したいそうだ。

画像は『頭條日報 2020年10月20日付「四川14歲男孩高2米21 挑戰健力士世界紀錄」(網圖)』『The Sun 2020年10月20日付「NEW HEIGHTS This is the 14-year-old Chinese boy who measures well over 7 feet tall and is set to become the tallest male teenager」(Credit: Newsflash)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)