仲間由紀恵、唐沢寿明と“一流芸能人”2ショット

写真拡大

女優の仲間由紀恵(40歳)のマネージャーが9月29日、仲間の公式ブログを更新。テレビ朝日開局60周年記念連続ドラマ「24 JAPAN」(10月9日スタート、毎週金曜23時15分〜)で主演を務める、俳優・唐沢寿明(57歳)との2ショットを公開した。

「スタッフブログ(近況)」と題して更新したブログ。「皆さま、こんにちは。仲間由紀恵マネージャーUです」と自己紹介し、「本日は午前中から、長年イメージキャラクターをさせて頂いているJAさんの『10月2日は直売所の日 ファーマーズマーケットに行こう!』というイベントに参加させて頂きました。普段、中々お目にかかれない珍しい貴重な果物や野菜、朝採れの新鮮な野菜たちに囲まれた素敵なイベントになりました」と仲間の近況を報告。「明日はワイドショーでもイベントの様子が取り上げられると思いますので、そちらも是非!」と呼びかけた。

また、絶賛撮影中のドラマ「24 JAPAN」について「先週は、久々に外ロケがあった」と明かしながら、「由紀恵氏が『今日も暑いね〜。よし、冷たい物を差し入れしよう!』とクーリッシュ&パピコを現場に差し入れさせて頂きました」といい、「喜んで頂けたようで良かったです♪」とコメント。

最後は、番宣で唐沢と出演した「芸能人格付けチェック〜食と芸術の秋 3時間スペシャル〜」での“一流芸能人”ツーショットを載せブログを締めくくった。

この投稿にファンからは「ドラマ、楽しみ」「番宣の時期が来ると本当にうれしい」「差し入れをいただくって嬉しいですし、喜ぶ顔を見るのも嬉しくなりますよね」「どんな差し入れをしたのか垣間見れてうれしい」「食べたくなってきちゃいます笑」「24楽しみ」「久々な仲間由紀恵さんを見て嬉しい」など歓喜の声が多く寄せられている。

ドラマ「24 JAPAN」は、米国連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた米国ドラマ「24-TWENTY FOUR-」の日本版リメーク作品。主演の唐沢寿明は日本版ジャック・バウアーにあたるCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(しどう・げんば)、仲間はキーパーソンとなる日本初の女性首相候補・朝倉麗(あさくら・うらら)を演じる。

同ドラマはは地上波放送に加え、ABEMAとTELASAの2つのプラットフォームで全話見逃し配信。地上波放送では見られないオリジナルストーリーを含んだ、配信スペシャル版での独占配信となる。