「撮影されるのは、意外とおもしろいです。自分がどんなキャラを演じるのか考える。『グラビアは、表現方法のひとつじゃないか』と思いました」

 俳優・高畑裕太の弁護人を務め、一躍有名になった渥美陽子弁護士。初の本格グラビアの感想を、そう語った。

 父親も弁護士という “法曹一家” 。2017年に自分の事務所を構える前は、カルロス・ゴーンの元弁護人・弘中惇一郎弁護士がボスだった。

「弘中先生は、強いパッションのある人。依頼者との信頼関係をとても大切にしている方なので、今回の件は残念です」

 過去にアニメのコスプレをSNSで披露し、“バズった” 経験はあるが、なぜ今グラビア挑戦を決意したのか?

「食わず嫌いしないで、なんでもやってみる、というのがポリシー。きれいに撮っていただいて嬉しいけど、周囲の反応が怖いですね(笑)」

あつみようこ
35歳 1984年3月12日生まれ 東京都出身 早稲田大学法学部卒業、東京大学法科大学院修了。2010年に「西村あさひ法律事務所」に入所。2014年に、“無罪請負人” として有名な、弘中惇一郎弁護士が代表を務める「法律事務所ヒロナカ」に入所。2016年に俳優・高畑裕太の弁護を担当すると、「美人弁護士」として話題になった。2017年に独立し、あつみ法律事務所を設立、代表を務める

写真・石井健
スタイリスト・鳥山悦代
ヘアメイク・富田実希

(週刊FLASH 2020年2月4日号)