森保一監督(撮影:岸本勉/PICSPORT)

写真拡大

コロンビア戦、ボリビア戦を通じて森保一監督はGKの中村航輔を除き、全ての選手を平等に扱い、出場してプレーする時間を与えました。僕はまずこれを評価するべきだと思います。そして同じようにプレーさせた結果、ボリビア戦では前半と後半で大きな違いが生まれました。

前半で言えば、チャンスを作っていたのは乾貴士でした。個人の力でカットインし、ゴールを狙うなど積極性がありました。ところがその他の選手たちはなかなか形が作れませんでした。

前半の選手の組み合わせはこれまでにないパターンだったので、コンビネーションができなかったという意見があるかもしれません。ですが、元々代表チームというのは、いつも違ったメンバーが限られた時間の中で集まり試合をするのです。自分のアピールをしつつ、周りの選手と連携できるという選手だけが生き残っていけます。

確かに後半交代出場したメンバーで、中島翔哉、南野拓実、堂安律などはこれまでも同じ組み合わせで使われ、理解し合っている部分もあります。ですが、彼らが入って日本代表チームが一気に息を吹き返したのは、別の理由があります。

それは3人ともしっかり仕掛けるから。ファーストチョイスが後ろ向きになることはありません。相手ゴールを向くことを常に選択しているのです。また、、オフザボールのプレーでも常に動きを止めず、スペースを探しゴールに向かう動きをしています。そんな動きを献身的に続けているのです。

このプレーが日本代表が躍動する原点です。前半と後半で大きな違いが出たのは、この点が違ったからだと僕は思っています。