商業捕鯨に将来展望はあるか 国会などでの踏み込んだ議論はなく

ざっくり言うと

  • 政府がIWCに脱退を通告し、2019年7月から約30年ぶりに商業捕鯨を再開する
  • 国会や審議会などでの踏み込んだ議論はなく、脱退の経緯が見えにくいと筆者
  • 鯨の国内消費は低迷しており、全体の需給バランスの見通しも不透明だとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x