出家宣言をした清水富美加

写真拡大

 女優・清水富美加(22)の幸福の科学への「出家騒動」は、芸能関係者を震撼させた。収録済みだった映画やドラマの配給会社、契約中のCMスポンサー、広告代理店などの関係者は対応に奔走。こうした芸能人の信仰を巡っては、過去にも数々の騒動が起きてきた一方で、なぜか信仰を守りながら芸能活動を続けられるタレントもいる。一体、“この世界”には、宗教を巡るどんな「掟」があるのか──。

〈これだけ騒ぎになった以上、きちっとみんなの前で話をしなくてはならない。(中略)事務所は、テレビ局、雑誌社、様々なところからの問い合わせで混乱をきたしていた。古くからお世話になっている芸能マネージャーからも、私を心配する連絡が入っているという。

「記者会見だけはするな。信仰は本人の自由なんだから、する必要がない。もし、記者会見をすれば、芸能界で生きられなくなる」という話だった〉

──その胸中をこう綴ったのは、25年前の1992年、統一教会(世界基督教統一神霊教会、2015年から「世界平和統一家庭連合」に改称)の創始者・文鮮明氏が司式する「合同結婚式」に参加した元新体操選手の山崎浩子(57)だ(『愛が偽りに終わるとき』、1994年刊)。

 1984年のロス五輪8位入賞という成績を残し、新体操ブームの火付け役となった山崎だったが、入信を報じられると〈講演や仕事の数も極端に減っていった〉(前掲書より)といい、日に日に経済的な苦しさが増していったとも書き残している。

 家族の説得もあり、山崎は翌年に脱会。後にフェアリージャパンの強化本部長を務めるなど新体操界に復帰を果たしている。

 かくも芸能界の「宗教」への反応は過敏だ。山崎が脱会によって表舞台に復帰したのと対照的なのが、1970年代にトップアイドルとして人気を集めた元女優・歌手の桜田淳子(58)だ。

 山崎と同じ1992年の合同結婚式に参加した後、翌年公開の映画『お引越し』を最後に芸能活動を休止していた。4月には東京・銀座の映画音楽イベントのステージで“一夜限りの復活”があると報じられているが、スポットライトの当たる場所からは長く姿を消していた。

 山崎や桜田の結婚式がメディアの注目を浴びたのは、当時の統一教会がすでに献金の返還や脱会を巡って元信者との間に訴訟を抱えており、社会問題化していたという背景がある。

 一方で、「芸能人」でなければ、“入信によってたちまち仕事を失う”という事態になったとは考えにくい。

 これは「イメージ」を商売道具にするタレントならではの特殊な事情だ。幸福の科学への出家騒動で連日メディアを騒がせる女優・清水富美加にしても、「事務所と契約を巡って揉めてしまったこともあるが、それに加えて特定の宗教団体のイメージが定着してしまった彼女を今後、映像作品やCMに起用するところが出てくるとは思えない」(キー局関係者)とみられている。

◆清水富美加と異なる扱いをされる創価学会信者芸能人

 その一方で、新宗教への熱心な信仰心を持ちながら芸能活動を続けているタレントも少なくない。

 2009年1月9日付の創価学会機関紙『聖教新聞』には、興味深い写真が掲載されている。歌手の山本リンダ(65)、女優の岸本加世子(56)、WAHAHA本舗の久本雅美(58)、柴田理恵(58)、ミュージシャンの高橋ジョージ(58)らが東京・八王子市の東京牧口記念会館で勢揃いしている写真が特大サイズで掲載された。創価学会の芸術部歌「使命の舞」を斉唱する様子を写した写真もある。

 同じく聖教新聞社発行の小冊子『SOKA2011』にはお笑いコンビのナイツ(塙宣之=38、土屋伸之=38)が登場し、〈なるほど創価学会 ナイツのヤホーで調べました!!〉という教義入門の文章を掲載している。得意のギャグを交えながら、〈(創価学会の教義は)自分らしく輝くための教えなんだ〉などと解説役を務めている(各タレントが信者かについて創価学会広報室は「プライバシーの問題なので回答は控える」とした)。

 名前を挙げたタレントの多くが今もテレビ等で活躍しているのは周知の通りだ。この違いはどこにあるのか。宗教学者の島田裕巳氏が解説する。

「創価学会芸術部に所属する信者のタレントは、公共の電波や公共の場では宗教的な告白や教団の宣伝をしません。自分から声を大にしていわなければ、視聴者は宗教色を感じることもなく、起用する側のメディアの方もそこまで神経質になる必要がないのです」

 教団機関紙などに登場する限りなら、信者以外の目にはほとんど触れないから問題ないということだが、逆にいえば、自ら信者であることを世間にことさらアピールすれば、芸能界に身を置くことが難しくなるという指摘でもある。

 テリー伊藤が、2月14日に放送された『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で「実は今、芸能界でも幸福の科学に入っている方はいます。普通に番組に出ている人がたくさんいます。彼らは普通に穏やかです」と語ったが、この発言もまた不特定多数に向けて公にしなければ業界から排除する力も働かないという意味なのだろう。

 奇しくも冒頭の山崎の著書にあった、〈記者会見をすれば、芸能界で生きられなくなる〉という言葉は、一面の真実を示していたことになる。

※週刊ポスト2017年3月3日号