今度はC220 CDI、E220 CDIメルセデス・ベンツの親会社であるダイムラーは、ディーゼルの排ガスを不正に制御するソフトウェアを搭載したとして、8億〜10億ユーロ(約940億〜1180億円)の罰金が科せられると、ドイツの「デア・シュピーゲル」誌が報じている。同誌によると、ドイツの連邦自動車局はメルセデス・ベンツCクラスおよびEクラスのディーゼル・エンジン搭載モデルから、欧州連合の法律で不正と見做されるソフトウェアを発見