難聴の人に対し、耳元で大きな声で話したり、マスクをしたまま対応したり。「聞こえ」に対する理解不足や配慮のなさを「ヒアリング・ハラスメント」(ヒアハラ)と名付け、なくそうという動きが広がっている。難聴者数は人口の約1割と推計され、高齢化によって今後も増加が見込まれており、早急な対策が求められる。9月