ティト・ビラノバよ、永遠に。バルセロナは、耳下腺がんとの長い闘いの末に今年4月25日に亡くなった元監督と永遠に結ばれることを望んだ。

バルセロナの取締役会は満場一致で、練習場「Ciudad Deportiva」の第1練習グラウンドに、ビラノバ氏の名前をつけることを承認したのである。

ビラノバ氏は5シーズンにわたってジョゼップ・グアルディオラ監督のアシスタントを務め、同監督の退任を受け、2012-13シーズンに指揮官に昇格。だが、2011年に彼を襲ったがんの再発のため、2012年12月に一時的にベンチを去り、2013年7月に辞任していた。