水谷隼選手(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

写真拡大

東京五輪の卓球混合ダブルスで金メダルを獲得した水谷隼選手が、誹謗中傷の被害を明かしたツイートを2021年7月29日昼までに削除した。

29日昼までにツイート削除

水谷選手は27日の卓球混合ダブルスで中国ペアを破り、日本の五輪卓球競技史上初の金メダルに輝いた。

削除されたツイートはその翌28日の投稿。内容は、

「とある国から、『○ね、くたばれ、消えろ』とかめっちゃDMくるんだけど免疫ありすぎる俺の心には1ミリもダメージない それだけ世界中を熱くさせたのかと思うと嬉しいよ」

というもの。投稿には、自身が2019年8月にしたツイートも引用されており、そちらも誹謗中傷被害を訴える内容となっている。投稿の中で水谷選手は、

「日本人の方は全て応援メッセージです ありがとう」

とも伝えていた。

水谷選手が誹謗中傷を明かした投稿をめぐっては、ツイッターで、

「ポジティブな水谷さん素敵です 試合お疲れ様でした!」
「凄いメンタル笑 見習いたいです!笑」」

といった声が出た。一方で、水谷選手が「とある国から」という表現を使っていたことなどに関して、

「人種や国でレッテル貼りはしないでほしいです」
「『国から』?個人でしょう?」

との声もあがるなど、賛否が分かれた反応が寄せられていた。