岡村隆史

写真拡大 (全4枚)

 ナインティナインの岡村隆史(50)が結婚した。発表の場は「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)、つまりラジオだった。これに対し、テレビ局関係者にはモヤモヤ感があるとか。

 ***

新婚のナイナイ・岡村隆史 「リアリティ番組」でも岡村の発言に矢部がフォローに追われ…

 岡村は、独身芸人のグループ「アローン会」の部長を務め、婚活ネタも提供してきた。だが既婚者となり、自動的に卒業することになった。

 名誉会長である坂田利夫(79)はじめ、最高顧問の明石家さんま(65)、今田耕司会長(54)、徳井義実(45)、又吉直樹(40)ら会員たちも、もちろん祝福はしつつも、若干の寂しさもあるはずだ。民放ディレクターが言う。

岡村隆史

「彼らは岡村の結婚がネタにもなりますからいいですよ。さんまさんも早速“俺と坂田師匠が残ってしまう”と話してましたしね。あ、これもラジオでした。なんで、みんなラジオでやっちゃうのかなあ」

ラジオで言いますから

 最近は、ラジオで結婚を発表するケースが増えてきている。昨年はオードリーの若林正恭(42)が「オールナイトニッポン」で発表した。18年にはバナナマンの日村勇紀が『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)で、2006年にはおぎやはぎの小木博明(49)、16年には矢作兼(49)がそれぞれ「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で発表した。ちなみに、岡村も小木も同じ10月10日に入籍している。

若林正恭

 岡村は、最初からラジオで発表することを決めていたようだ。

 25日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS)で、和田アキ子(70)が事前に岡村から報告を受けていたことを明かしつつ、こう口止めされたという

岡村:絶対ラジオで言いますから、それまでは誰にも言わないでください。

「ナイナイや岡村の番組スタッフたちは祝福しつつも、“なんでうちの番組で発表しない?”と思っていることでしょうね。中には“視聴率取り損ねた”と思っている者だっているかもしれません」

テレビでは話せない

 現在、ナイナイとしてのレギュラーは、「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ)のみ。一方、岡村個人のレギュラーは「東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…」(日テレ)、「おかべろ」(フジテレビ/関西テレビ)、「チコちゃんに叱られる!」(NHK総合)、「アイ・アム・冒険少年」(TBS)、他にローカル番組だってある。

日村勇紀

「特に『ぐるナイ』スタッフは“やられた!”と思ったことでしょう。日テレは『世界の果てまでイッテQ!』でイモトアヤコ(34)と番組スタッフの結婚を生中継して話題になりました。『今夜くらべてみました』では藤崎奈々子(42)が生放送で発表、17年の『24時間テレビ』では、社会人野球・茨城ゴールデンゴールズの片岡安祐美(33)が横浜DeNAベイスターズの投手だった小林公太(29)から公開生プロポーズを受けるという演出もあった。結婚ネタに積極的ですからね。『ぐるナイ』で生報告といきたかったはずです」

おぎやはぎ

 18年に終了した「めちゃ×2イケてるッ!」(フジ)が今も続いていたら、こちらも絶対放送したはずだと言う。

「土曜8時枠で22年も続いた名物番組でしたし、芸人・岡村を育てた番組でもある。彼が病気休養から復帰した時も『めちゃイケ』からでした。なにせ、総合演出の片岡飛鳥さんは、フジのバラエティ班で横澤彪さんの系譜を受け継ぐ人ですから、岡村の結婚をネタにしないという選択肢は考えられません。ひょっとすると、すでにめちゃイケメンバーによる『祝・岡村結婚』の特番に取りかかっているかもしれません」

 NHKも悔しがっているかもしれない。昨年、2度にわたって放送された、アローン会メンバーのトークバラエティ「さよなら!アローン会」は、タイトルからして岡村にピッタリだ。

 それにしても、なぜラジオで発表するのか。

「大事(おおごと)にしたくない、という人が増えているのでしょう。記者会見なども開かず、控えめにしたいんでしょう。特に岡村はシャイですからね。しかも、しゃべりよりも動きで笑わせる芸風で、ネタをやる時のテンションとそうでない時の落差が極端に違うとネタにされるほど。テレビカメラを前に話すなど考えられなかったと思います。ラジオなら、顔も映りませんし、話しやすいということもあるでしょう。リスナーもファンが多いですからね」

週刊新潮WEB取材班

2020年10月30日 掲載