新国立競技場

写真拡大

 ようやく完成した新国立競技場だが、来場者からは、クソスタジアムとまで酷評されている。これほどまでに叩かれる理由とは……。

◆酷評の嵐が吹き荒れる新国立競技場は、本当にひどいのか

 昨年12月21日、まばゆい光に照らされ、神宮の杜で新国立競技場のオープニングイベントが開催されたのである。嵐が歌い、ウサイン・ボルトがトラックを駆けるなど華々しいスタートを切った新国立競技場だが、その裏で一人の若者が犠牲となったことを忘れてはならない。

 ’17年3月2日、新国立競技場の地盤改良工事に従事していた当時23歳の若者が突如失踪。約1か月後「身も心も限界な私はこのような結果しか思い浮かびませんでした」というメモとともに、長野県の山中で自殺しているのが発見された。遺族の代理人を務め、労災認定に尽力した川人博弁護士は、当時の労働状況をこう語る。

「被害者は入社1年目で’16年12月半ばから約2か月半、工事に従事しました。その間は深夜0時に自宅に帰り、朝5時には家を出るという状況でした」

 ご存じの通り、新国立競技場は総工費の膨張で旧計画が白紙撤回され、約1年2か月遅れの着工となった。さらに、被害者が従事した地盤改良工事は最も基礎となる工程であったことから作業日程は極めて厳しいものだったという。現場では、こうした長時間労働が蔓延していた。

「東京労働局が調査したところ、競技場の工事に参加する約80社で労働基準法違反がありました。夏には熱中症も出ていた可能性があり、ほかに犠牲者が出てもなんらおかしくない状態でした。隠蔽されているだけで、被害者はいるのかもしれませんが……」

 川人弁護士は、異常な労働をさせていた元請けである大成建設や発注元の日本スポーツ振興センター(JSC)に対応を迫った。

「初めはゼネコン側も『下請けの責任』と他人事のようなひどい対応でした。ただ途中からメディアにも取り上げられたからなのか、トーンが変わり、労働環境はその後改善されたと聞いています。しかし、組織委員会やJSCから遺族に対して直接的な謝罪はありません。そもそも無理な工程で始めた彼らの責任は大きいと思います」

 現在も新国立競技場は細々とした作業は続いている。従事している30代の作業員はこう話す。

「今は仕上げの段階なので切羽詰まったスケジュールはないです。残業はダメと言われていますが、そもそも残業がない。ただ、土台や基礎工事のときは殺気立っていたという話は聞いていますね」

 オリンピックを控え、新国立競技場の完成に浮かれているが、過酷な労働の犠牲の上にあったことを忘れてはならない。

◆欠陥と欠点だらけのスタジアム環境

 新国立競技場のスポーツでのこけら落としは元日のサッカー天皇杯決勝戦。完成後、初のスポーツ試合ということで注目が集まったが、蓋を開けてみれば酷評の嵐だった。ネットでは「座席の通路が狭く途中退席はかなり困難」という声も多い。実際に観戦したサポーターの男性は呆れ顔だ。

「サッカー界では観にくいと悪評高い日産スタジアムよりは観やすいけど『新しく造ってこのレベル?』って思いましたね。トイレも少ないし、通路は狭い。設計した人に『お前、一度もスタジアムなんか行ったことねえだろ!』って言いたくなるレベルです」

 世界のスタジアムを巡り、天皇杯も観戦したスポーツライターの杉山茂樹氏も出来の悪さを嘆く。

「サッカー、ラグビーともに満員と発表されましたが5万7000人どまり。観客席に割り当てられる実際の数は6万人を割り込むでしょう。ナショナルスタジアムにしては小さいですね」

 杉山氏によるとワールドカップなどの世界的なスポーツイベントを開催する場合、メインスタジアムに求められる収容人数は7万〜8万人が最低ラインとされているという。そのため、新国立競技場は世界的なスポーツイベントに対して、汎用性が低いという。