死のリスクも…処方薬と「サプリ」を一緒に飲むと、大変なことになる NHK『クローズアップ現代』に大反響

写真拡大 (全2枚)

いざという時に頼りになる薬も、使い方しだいで毒になる。番組を見たあなたも、見なかったあなたも、薬の危険性を甘く考えてはいけない。自分の命を自分で守るための知恵をつけておこう。

医者は知らずに処方する

「番組放送後、『薬をたくさん飲んでいるから相談したい』と、外来の患者が増加しています」

こう語るのは、10月22日放送のNHK『クローズアップ現代+』に登場した神戸市・吉田病院脳神経内科部長、平田温氏だ。

この日のテーマ、「たくさんの薬は害になる!?〜狢榛淺用瓩凌執錣淵螢好〜」が、放送後、大きな波紋を呼んでいる。

番組の元になったのは、東京大学大学院医学系研究科の秋下雅弘教授(老年医学専門)を中心に発表された「高齢者が気を付けたい 多すぎる薬と副作用」という研究だ。

Photo by iStock

秋下教授はこの研究を元に、「基本的には、薬が多くなればなるほど薬の副作用は出やすくなる」と警鐘を鳴らした。

薬をたくさん飲んだり、飲み合わせが悪かったときに起こりうる副作用には、吐き気やだるさといった軽いものもあれば、頭蓋骨内の圧力が高まって脳ヘルニアになり、最悪の場合、死亡するようなものもある。

秋下教授たちの研究で明らかになった事実は、「6種類以上の薬を飲むと副作用が出やすい」ということだ。

75歳以上では4人に1人が7種以上の薬を飲んでいるというデータもあり、不安に思う人も多かったはずだ。

番組で登場した、薬の副作用のせいで寝たきりになってしまった80歳女性の姿も視聴者を仰天させた。

女性は3年前、うつや狭心症、不眠などで複数の医療機関にかかり、12種類の薬を処方された。次第にふらつきや転倒がではじめ、動くことが少なくなり、介護が必要な寝たきりにまでなってしまったという。

しかし、原因だった薬をやめて5種類にまで減らしたところ、なんと一人で出歩くことまでできるようになった。

病院で処方される薬は、ときに恐ろしい事態を引き起こす。番組が取り上げた5つのテーマを深掘りしてお伝えしよう。

今回、一番衝撃を与えたのは、病院で処方された薬とサプリメントの飲み合わせの問題だ。

「飲み合わせ」というと、多くの人は、薬と薬の問題だと思うだろう。薬は毒にもなるが、健康食品やサプリはスーパーでも買える安全なものだというイメージを抱いているかもしれない。50代を超えるとおよそ半数の人がサプリを買っているというデータもある(内閣府「消費者の『健康食品』の利用に関する実態調査」)。

だが、「サプリだから大丈夫」という考えは今すぐ捨て去るべきだ。

サプリと薬を一緒に飲むと、身体の中で思わぬ作用がおきる。飲み合わせ次第では、死に繋がるケースすらある。

にもかかわらず、あなたがどんなサプリを飲んでいるか、薬を処方する医師は知らない。ブラックボックスなのだ。

「セサミン」で失神?

病院で処方された薬とサプリの飲み合わせで、命を落としかける──。酵素やミドリムシなど10種類を超えるサプリを飲んでいた武田千恵さん(63歳・仮名)もそんな衝撃的な体験をした一人だ。

「長年愛好してきたのは黒胡麻セサミンのサプリ30日分で2000円でした。スーパーでパートをしているんですが、疲れがとれないなと思ったときに飲み始めたんです。若さの秘訣よ、と他人にもよく勧めていたのですが……」

セサミンはゴマに含まれる酵素で肝臓の機能向上や、がん、高血圧にもいい効果があるとされる人気のサプリだ。ところが、このサプリを飲んだことで、武田さんの体に異変がおきた。

「2ヵ月前、いつものように、降圧剤とセサミンを飲んで、パート先に車で向かいました。5分くらい走ったところで、急に強いめまいがして意識を失い、次の瞬間、電柱に正面衝突していました。

肋骨が折れていたので、結局全治1ヵ月でした。ただ、もし運が悪ければ、確実に命を失っていたでしょう」

いったいなぜ運転中に突然めまいが起きたのか。その理由は、病院で処方された高血圧の薬と「セサミン」の飲み合わせにある。

「セサミンには、血圧を下げる効果があります。高血圧の降圧剤と一緒に飲めば、血圧が下がりすぎて、めまいや失神などの症状がでるのです」(宮澤医院・宮澤賢史氏)

セサミンも降圧剤も、それぞれ単体で飲んでいれば何の問題もなかった。しかしそれらを飲み合わせることで、大事故につながった。

「過去にも、『セントジョーンズワート』という不安を抑えるサプリを、シクロスポリンという免疫抑制剤と飲み合わせて、死亡した例があります。原因が特定されていないだけで、サプリと薬を飲んだことが原因で死ぬケースは現実におきているのです」(『病気になるサプリ』の著者・左巻健男氏)

Photo by iStock

しかもこうした現象は、薬やサプリの種類を多く飲めば飲むほど起きやすくなる。

「薬やサプリは、体内の代謝酵素によって体の外に出ていきます。しかし、サプリや薬を多く飲めば飲むほど、薬が体内に長く留まり副作用が出やすくなる」(前出・宮澤氏)

飲み合わせで起きる異変は、体感できる症状だけとは限らない。

薬とサプリの飲み合わせによっては、気付かないうちに薬の効果が弱まることがある。

たとえば、血糖値を下げる糖尿病治療薬と「DHA」だ。DHAは、魚の脂肪に多く含まれ、中性脂肪やコレステロールの低下が期待できる。しかし、血糖値を上げる作用もあるため、糖尿病治療薬の効果を弱めてしまうのだ。

薬を飲んでいるのに、なぜか効かない。すると医者にも原因が分からず、より強い薬を出される。

番組の最後に、東京大学の秋下教授は、効果や副作用を考えずに薬を次々出している日本の医療の状況に対し、「足し算医療からの脱却」を訴えていた。

しかしそれ以前に、患者自身がサプリを無自覚に足し算して、副作用を増やしてしまっているかもしれない。

自分の身は自分で守る。そのやり方は、やみくもに薬やサプリを増やすことではなく、効果を見極めて減らすことなのだ。

「週刊現代」2019年11月16日号より