札幌から福岡まで! パフェ評論家が厳選する「パフェの日」に行きたいとっておきのお店

写真拡大 (全13枚)

毎年6月28日はパフェの日! そこで、パフェの日はもちろん、毎日だって食べたくなる、とっておきのパフェが味わえるお店をパフェ評論家の斧屋さんに教えてもらいました! 札幌から福岡まで、あなたが食べに行きたいお店はどこ?

毎年6/28はパフェの日! とっておきの一皿を食べるならどの街のパフェを選ぶ?

フルーツパーラーゴトー「ゴールドパインのパフェ」/写真:食べログマガジン編集部

6月28日は、年に一度のパフェの日です。その由来はパフェそのものに関係しているわけではなく、その昔、日本プロ野球史上初のパーフェクトゲーム(完全試合)を達成したことに因み、フランス語で“完全な”を意味するパルフェが語源の「パフェ」とかけて制定されたものであるとされています。

とはいえ、スイーツ好きならば、この時期が近づくと「パフェのことで頭がいっぱい」「今年はどのお店のパフェを食べようか」と、幸せな悩みで頭を抱えている人も多いのではないでしょうか?

そこで今年は、日々パフェのことを考え、食べ歩き、年に一度どころか毎日をパフェの日として過ごす、唯一無二のパフェ評論家・斧屋さんに、札幌から福岡まで、5つの都市ごとに特にオススメのパフェ専門店を教えてもらいました!

教えてくれる人

斧屋:パフェ評論家、ライター。「パフェはエンターテインメント」という視点から、ブログで独自のパフェレポートを執筆。パフェの魅力を多くの人に伝えるために、雑誌やラジオ、トークイベントなどで活動。2015年に『東京パフェ学』(文化出版局)、2018年に『パフェ本』(小学館)を単著で出版。パフェ評論家 斧屋(おのや)の「パフェ道」http://onoyax.blog.fc2.com/ Twitter:@onoyax

【札幌】シメパフェ文化を牽引する札幌の名物店「パフェ、珈琲、酒『佐藤』」

札幌・すすきのエリアの「シメパフェ」。夜にお酒を飲んだ後や、お酒と一緒にパフェを楽しむスタイルが文化として定着しています。その人気の中心にあるお店のひとつが「パフェ、珈琲、酒『佐藤』」です。デザイナーとしての顔も持つ店長が作るパフェのデザインはとても凝っています。

「塩キャラメルとピスタチオ」

定番のパフェの中でおススメは「塩キャラメルとピスタチオ」1,150円(税抜)。黒塩がのったキャラメルアイスとピスタチオアイスが主役のパフェで、グラス内はカシスムース、ソフトクリーム、林檎ジュレというさわやかで軽い素材なので、するするっと食べられてしまいます。

今年5月にリニューアルした「ショコラとマンゴー」1,320円(税抜)/写真:お店から

季節ごとに非常に独創的な限定のパフェも出されているので、タイミングが合えばぜひそちらも食べてみてください。

【東京】ビギナーからマニアまで。すべての人を魅了する浅草の名店「フルーツパーラーゴトー」

「本日のフルーツパフェ」

普段はパフェを食べないビギナーの方から、フルーツパフェを愛するマニアックなファンまで、すべての人を魅了する浅草のフルーツパーラー。定番メニューの「本日のフルーツパフェ」930円(税込)は、その日にオススメのフルーツを盛り付けた、お手頃な値段で味わえるおいしいパフェです。果物の説明書きもついてくるから、どんなフルーツが入っているかをふむふむと読んで知りつつ食べる楽しみもありますよ。

「宮崎やました農園さんの完熟マンゴーのパフェ」2,300円(税込)/写真:食べログマガジン編集部

季節限定のパフェも楽しみで、春季はマンゴー、夏季は桃やプラムが登場予定。いちごや柑橘、ぶどうの季節には、それぞれの果物のたくさんの品種を詰め込んだ「食べ比べ」のパフェもあります。フルーツのおいしさとともに、奥深さも感じることのできるお店です。

【名古屋】3号店もオープン。ますます人気拡大の超人気店「カフェ ド リオン」

「特撰 プレミアムいちごのparfait」1,650円(税抜)/出典:VOLVO850Rさん

名古屋では超有名なパフェのお店。本店は予約でいっぱいになる人気店ですが、昨年2号店「カフェ ド リオン ブルー」、今年3号店「カフェ・ド・リオン パレット」ができ、より気軽に楽しめるようになりました。特徴は背の高いグラスで、杖のような長いパイが刺さります。縦にとても長い形状のため、パフェの全体を写真に収めるのには苦労しますが、その分ボリューミーなパフェを楽しむことができます。

2018年版「特撰 白桃づくしparfait」

夏のオススメは「特撰 白桃づくしparfait」1,650円(税抜)。名古屋エリアは全国でも特に桃をまるごと使ったパフェを出すお店が多い印象があるのですが、リオンのパフェも、桃がダイナミックに盛り付けられています。白桃入りソフト、白桃ジュレも入った桃づくしのパフェ、おススメです。

【大阪】月替わり&季節ごとに替わるメニューから目が離せない! 関西イチの注目店「フロランタン」

札幌から始まった「シメパフェ」の流れは、他地域の大都市圏に広まっています。「フロランタン」は、大阪・梅田に2017年にオープンしたシメパフェとチョコレートの専門店。パフェは月替わりのメニューと季節で変わるメニューがあり、どちらも季節の素材を生かした本格的なパフェです。

季節のパフェ「抹茶パフェ 洋ver」1,580円/出典:prince1341さん

シメパフェということで、シャンパンやワインといったお酒とセットで楽しめますが、さらにオシャレなオプションとして、パフェに合うお酒をかけて楽しむ「ちょい足し」もできます。

2018年版「7月のパフェ〜ぴちぴちピーチメルバパフェ〜」

昨年7月のパフェは桃で、美しい盛り付けのおいしいパフェでしたが、今年はどんなパフェが出てくるでしょうか。

【福岡】高級フルーツのおいしさを心ゆくまで堪能。リッチな気分に浸れる「プリンス オブ ザ フルーツ」

福岡、薬院にある高級フルーツパフェ専門店。フルーツマニアのためのお店を名乗るだけあって、西日本の果物を中心に、高級フルーツを存分に使った限定のパフェを提供しています。

「岡山県産 晴王 シャインマスカットパフェ」2,300円(税込)/出典:makotoマンさん

旬のフルーツしか使わないので、数日で終わってしまうパフェもあるとか。どのパフェも希少なフルーツ、あるいは等級の高いフルーツを使用し、ジェラートとの組み合わせを楽しむ、シンプルにフルーツの魅力を楽しむためのパフェとなっております。

「静岡県産 クラウンメロンパフェ」

季節ごとにフルーツは移り変わっていくので、その時々のフルーツを楽しむのがよいですが、比較的通年で提供しているのは「静岡県産 クラウンメロンパフェ」2,000円(税込)です。旬のフルーツのおいしさをじっくり味わってください。

写真・文:斧屋