人類が2千年以上解決できなかったレンズの収差問題 ついに解決GIGAZINE(ギガジン)

人類が2千年以上解決できなかったレンズの収差問題 ついに解決

ざっくり言うと

  • 光学の歴史上で人類を2000年以上悩ませた「レンズの収差の解消」という難問
  • メキシコの学生が、レンズの表面を解析的に設計できる公式を導き出したそう
  • 望遠鏡や分光器の大きなブレイクスルーが訪れることが期待されている

ランキング