16日、朴大統領が、セウォル号事件の犠牲者遺族らが捜査権・起訴権を求めていることについて「受け入れられない」との立場を表明した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国のセウォル号関連の追悼活動。

写真拡大

2014年9月16日、韓国・聯合ニュースによると、朴槿恵(パク・クネ)大統領は同日の閣議で、セウォル号事件の犠牲者遺族らが真相調査委員会に捜査権・起訴権を求めていることについて「三権分立と司法体系の根幹を揺るがすことで、大統領として決断を下す事案ではない」と発言。また、その後行われた与党セヌリ党執行部との会合でも、遺族らの要求は受け入れられないとの立場を強調した。

【その他の写真】

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「当たり前だ。どんな状況でも、捜査権と起訴権を民間人に付与してはいけない」
「国民のほとんどが、朴大統領を全面的に支持している」
「たった何人かのために、国民を危険にさらすはずがない」
「捜査権や起訴権を求めている人は本当に少数だ。これからは遺族らではなく、一部の遺族と呼ぶべき」

「さすが韓国大統領だ!こういう時は頼もしい」
「大統領が久しぶりにくれたうれしいプレゼントだ」
「大統領が直接言わなければならないほどのことか?」

「セウォル号を忘れた瞬間、次の犠牲者が現れる」
「大統領の資格がない。裏切られた気分だ」
「遺族たちがかわいそう。彼らの悲しみを理解する人がこの国にいるのだろうか?これでは、韓国がいい国になれるわけがない」
「朴大統領に誠意はないのか?遺族たちに見せたあの涙は何だったんだろう」(翻訳・編集/篠田)