野田聖子氏の中絶禁止発言はそもそも矛盾しているか?

写真拡大

自民党総務会長の野田聖子氏が「少子化対策は妊娠中絶問題から」と発言したことが、朝日新聞(2013年2月23日、デジタル版)で報じられて話題になった。同紙によれば、野田氏は以下のように発言したのだと言う。微妙な問題なので、全文を引用する。


「年間20万人が妊娠中絶しているとされるが、少子化対策をやるのであればそこからやっていかないと。参院選後に党内の人口減少社会対策特別委員会で検討してもらうつもりだ。堕胎を禁止するだけじゃなくて、禁止する代わりに例えば養子縁組(をあっせんするため)の法律をつくって、生まれた子供を社会で育てていける環境整備をしなきゃいけない」。


要は、人工妊娠中絶(以下、中絶と言う)が少子化の原因のひとつとなっているので、それを禁止し、禁止した場合の対策を検討していきたい、と言っているわけだ。なんとなく、もっともらしく聞こえるかもしれない。だが、野田氏の議論は、中絶をやめさせるために、少子化の話を持ち出している点で、論点がずれていると言わざるをえない。


女性が中絶する、またはせざるをえない理由はさまざまだが、一点だけ共通する理由がある。それは、望んでいないのに子どもができてしまった、という理由だ。仮に中絶を禁止した場合、望んでいない子どもを生み、育てる親が増えてしまう。それでも、日本全体では子どもが増え、少子化対策になっているからいい、と野田氏は言うのであろうか。


そもそも、中絶は防ぐに越したことはないわけだが、禁止する前にやるべきことはたくさんある。第1に、男性がきっちりと避妊をすること。とにかく、これが重要だ。第2に、女性は男性の避妊をしっかりと確認し、避妊しない男性に対して「まいっか」で済ませないこと。これらは当たり前の話だが、とりわけ若い人たちの間では意外に当たり前ではない。もちろん男女が、子どもを生み、育てることに合意したなら、避妊する必要はないが。


少子化の対策についても、中絶を禁止して子どもを無理に増やす前に、やるべきことがある。それは、子どもが生まれた場合に、子育てしやすい環境を国や自治体が整えることだ。認可保育所が決定的に不足している実状はすでに報じた。子どもを育てる環境が整っていない状況で、子どもを増やせと言うこと事態が、矛盾していると思う。


(谷川 茂)