思わず買ってしまったジェニー本。『かわいいジェニー』視聴後、ジェニーに興味津々となった自分に驚愕しきり。シスターBカスタムとか出たら絶対買います。

写真拡大 (全2枚)

着せ替え人形の"ジェニー"がロボットを操縦したり、食べ過ぎでお腹を壊したり、嫉妬の炎を燃やしたり、視聴者に愚痴を言ったりするシュール系コメディ『Kawaii! JeNny 〜かわいいジェニー〜』が評判になっています。同番組は、関東U局(千葉テレビ、テレビ埼玉、テレビ神奈川)で深夜2時などに放送されている「深夜番組」です。最初から大人の視聴者を視野に入れて制作されているので、ヌルいドラマに飽きてしまった人にオススメなんであります。今回はこのツッコミどころ満載な『かわいいジェニー』をご紹介してみます。
公式サイトや、公式ブログも必見!

今のところ『かわいいジェニー』ネタが掲載されている雑誌は、こういう感じの男性向け模型雑誌ばかり。これは川北監督が特撮畑だからこその現象かと。

監督の川北紘一氏は円谷英二氏に特撮を学び、平成ゴジラシリーズ(劇場映画)やテレビ特撮『超星神グランセイザー』などの特撮演出を手がけてきた業界の重鎮。口から放射熱線を吐くゴジラや、地球を守る変身ヒーローを手がけてきた人物が、ジェニーでコメディを撮るという奇跡のようなコラボレーションが繰り広げられているのです。ちなみに川北監督は特撮制作会社(株)ドリーム・プラネット・ジャパンの代表取締役でもあります。

ジェニーの動きはスタッフがピアノ線で動かして演技をつけています。人形を操るスタッフは「ダイナミック・トイメーション」と呼ばれ、一般的な特撮番組でいう「スーツ・アクター(着ぐるみ俳優)」の役割を果たしています。人形ごとに担当を決めて、動きに個性を持たせているというわけですね。当然CGも使われているのですが、光や爆発以外の目立つ処理はあまり見られません。実際は人形を操るピアノ線を消したり、背景をブルーバックで合成処理したりと相当な手間がかかっているのですが、一見そうは見えないところにスタッフの職人魂を感じます。

脚本の浦沢義雄は「俺は普通のことが書けない」「思いつきで書くことにしか興味がない」と自ら断言する超個性派作家。シュールな作風でファンも多いのですが、あまりにもクセが強いので、複数の脚本家が関わる作品では浮いてしまうこともしばしば。最近では矢吹春奈主演で話題となった『美少女戦麗舞パンシャーヌ 奥様はスーパーヒロイン!』のメインライターを務めていました。パンシャーヌも相当な怪作だったので(22歳の矢吹春奈が28歳の奥様役だったり、猫ひろしが神様役だったり、設定から無茶しすぎ)、一度でもあの番組を観たことがある人は、浦沢義雄の仕事の凄さがわかるのではないかと。

とりあえず第1話の内容を以下に少し書いてみます。なお、『かわいいジェニー』は1話15分(1回で2話放送)という形式の30分番組です。

思わず買ってしまったジェニー本。『かわいいジェニー』視聴後、ジェニーに興味津々となった自分に驚愕しきり。シスターBカスタムとか出たら絶対買います。

●第1話「スイーツ・エンジェルス」
いきなり主人公のジェニーの自己紹介からスタート。「ハーイ! わたしの名前はジェニー。おしゃれとスイーツが大好きなハイスクールの2年生」。ジェニーは、お気に入りのショップで着せ替え(ミラノの最新ファッション)をひとしきり楽しんだ後、ケータイで呼び出しされて退店。着た服は脱ぎっぱなしで店内はメチャメチャに。店員かわいそうです。

ジェニーが向かう集合場所は赤い2階建てバス。途中でお友達のアキラ(女の子)と合流し、「今日のミッションは何かしら…」とつぶやくジェニー。バスの中にはお友達のなでしこが既に到着済み。ジェニーを呼び出したMr.クラウンの指令で、街で暴れている巨大ロボを退治するため、空飛ぶスクーター「ジャイロジェスパ」で出発!

ジェニー達の敵「秘密結社エイブラン」の巨大ロボ「イタズラン」は、街でビルにいたずら書きをして「イエーイ! サイコー!」とノリノリで大はしゃぎ。イタズランのコクピットに搭乗した、エイブランの首謀者・シスターBもご満悦。この活躍に、エイブラン幹部のクマちゃん、クマくん、クマさんも大興奮(幹部は全員軍服を着たクマ)。

その後、ジェニー、アキラ、なでしこの3人は戦闘服姿に変身して「ドレスチェンジ・ファイティングモード!」とキメ台詞。スイーツ・エンジェルス見参です。イタズランは、アキラの跳び蹴り、なでしこの電撃弓攻撃、ジェニーのバトン攻撃を喰らってさあ大変。戦いの結末は本編を観てくださいね(バレバレですが)。

このあと、第2話でジェニーが「スイーツ・エンジェルス」になった理由が語られたり、第3話で「秘密結社エイブラン」の結成理由を聞いたクマ達がキレたり、第4話でジェニーの妄想話が炸裂したりと、回を重ねるごとに暴走度合いが凄まじい感じになっていきます。

何気に声優が豪華なのも見逃せません。主要キャストは、ジェニー:野川さくら、アキラ:小林ゆう、なでしこ:桑谷夏子、シスターB:桃井はるこ、という見事なアイドル声優布陣。本作で悪役に初挑戦している桃井はるこ(モモーイ)は、OPとEDも歌っています。

とにかく実際に観てみないと、なかなかこの番組の凄さは理解してもらえない気がして……。と残念がっていたら、なんと嬉しいことに「Yahoo!動画」で10/18から期間限定で無料配信が開始されるとの情報が飛び込んできました! 興味のある方は是非一度お試しください。トリップできますよ。

・『かわいいジェニー』配信URLhttp://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00423/v02903/


■カオス通信バックナンバー
軍人用コンビニ&ロリッ娘の三国志! カルトな特殊ギャグ漫画2連発!
ハルヒは猪木・超ミニスカ声優に萌える暴走雑誌特集
エヴァが圏外?バラエティ番組はアニメランキングを操作しているのか?
超絶に必見!秋の新『ガンダム』『ハニー』『カイジ』+αの過激解説
カオス通信バックナンバー一覧

■こちらもオススメ!ライブドア独自コラム
独女通信 | 拝啓、イエ男くん


レッド中尉(れっど・ちゅうい)
プロフィール:東京都在住。アニメ・漫画・アイドル等のアキバ系ネタが大好物な特殊ライター。企画編集の仕事もしている。秋葉原・神保町・新宿・池袋あたりに出没してグッズを買い漁るのが趣味。

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.