徴用工訴訟の判決から2年 日韓の溝は埋まらず 迫る「時限爆弾」

ざっくり言うと

  • 徴用工訴訟の判決から2年、日韓の溝は埋まらずにいると筆者は綴る
  • 日本企業の資産現金化はいつ実行されてもおかしくない状況だと説明
  • この件は、日韓の対立を決定づける「時限爆弾」であると述べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x