覚醒剤取締法違反の罪で起訴された槇原敬之被告 懲役2年、執行猶予3年に

ざっくり言うと

  • 危険ドラッグや覚醒剤を所持していたとして起訴された槇原敬之被告
  • 3日の判決公判で、懲役2年、執行猶予3年が言い渡された
  • この日の公判は29席の一般傍聴席に対し、204人が傍聴券を求め列を作った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x