モテない女性は、自分をモテているように見せて羨望の眼差しを向けられたいという気持ちが強いです。そのせいか、その子の振る舞いや話を聞いているだけでなんとも言えない気持ちになることってありますよね。
そこで今回は、この子モテないな……と感じる“自称モテ子”の特徴をご紹介します!

なんでも自分の話に置き換える

「私が彼に言われて嫌だったことを話すと、『私もナンパされた時にこんなこと言われてすごく嫌だった』『私も元彼に似たようなことされた』って、人の話を全部自分の話に置き換える子って、ただ“自分モテてます自慢”をしたいだけなんじゃないかと思ってしまう」(29歳/事務/女性)

▽ 体験談を話すことで、“似た経験をしたから気持ちが分かる”ことを相手に伝えられますが、内容によっては自慢するために体験談を話していると感じてしまう時ありますよね。それが恋愛や男絡みだと、余計にそう受け取ってしまうのかもしれません。

かわいい=好きだと勘違いする

「『○○くんにかわいいって言われた』という報告をされたんですが、かわいいって言われただけなのに『○○くん私のこと好きっぽい』って言い始めて。かわいいと好きは別物だし、社交辞令でかわいいって言っただけだと思う」(27歳/不動産関係/女性)

▽ かわいいと言われたら舞い上がってしまうので、誰かに自慢したくなるのは分かりますが、かわいいと好きは全く別の感情なので、そこを履き違えてしまうと“話を盛る女”だと思われてしまうかも……。

女子力をSNSでアピールする

「ホットケーキミックスを使って作る簡単なお菓子を、『今日お菓子作ったんだー』っていかにも本格的なお菓子作りましたアピールする女。本当はモテないのにモテたい気持ちが全面に出ている感じ。いいお嫁さんになれるっていうコメント待ちしているのもバレバレです」(30歳/飲食業/女性)

▽ 特に普段料理をしない人は自慢したがる傾向にあるかもしれません。モテる女子は女子力が備わっていて料理をする頻度も高く、料理ができることは自慢ではなく当たり前のこととして認識しているものですが、自称モテ子はそこでアピールしちゃうんですよね。

「かわいくない」と言われると本気で怒る

「『私のかわいさをひがんでいるだけ』『悔しかったら私よりかわいくなってみれば』と、かわいくない女性が言っているのを見てなんとも言えない気持ちになった。かわいくなる努力をしている人ならまだしも、ダイエットもしない、髪もパサついている女性が私よりかわいくなってみればって……。
自分がモテていると勘違いしていないと、そんなこと言えないですよね」(31歳/アプリ関係/女性)

▽ 若い頃にチヤホヤされた経験があると、その体験から“自分はかわいい”と思い込んでいるのかもしれません。かわいいと言われていた過去の栄光にすがりつきたい気持ちは分かりますが、かわいい人はそれなりに努力をしているので、それを忘れてはいけないですよね。

まとめ

自称モテ子は“自分がモテていない事実を認めたくない”という気持ちが強くあるので、その結果モテ子として振る舞うしかないんですよね。モテることが大事なのではなく、モテるためにかわいくなる努力をすることが大切なので、気持ちを切り替えて自称モテ子から脱却してほしいですね……!