男子20キロ競歩で山西利和が金メダル獲得 日本勢の複数金は史上初

ざっくり言うと

  • 世界陸上・男子20キロ競歩で、山西利和が1時間26分33秒で優勝した
  • 今大会、日本の金メダルは男子50キロ競歩を制した鈴木雄介に続く2人目
  • 日本勢が世界陸上で複数の金メダルを獲得するのは史上初のことだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x