トレンディエンジェル・斎藤司

写真拡大

 トレンディエンジェル斎藤司が22日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」で、所属事務所の岡本昭彦社長の会見について「回りくどい」「YES、NOの札を最初に渡しておくべきだった」など、率直な感想を語った。

 番組では会見冒頭から岡本社長の会見を生放送。ワイプに映し出された斎藤は時折頭を抱えるなど、困惑した表情を浮かべていた。

 番組最後にコメントを求められた斎藤は「まずはすいません」と頭を下げ「僕はこの会社だったんだということに、すごく情けないというか…。正直社長とは話した事も無いし、関係性も全くないといっても過言ではないんですけど、こんなに一企業代表として、なんでこんなに回りくどいことばっかりいって。YES、NOの札を最初に渡しておくべきだった。それぐらい言葉は悪いが長ったらしい…」と渋い顔だ。

 回りくどい言い方をするのは「間違えた事を言ってはいけないから確認もあるが、御自分の状況、立場、全く感じられていないのかなと。覚悟がなかったなという感じがすごくした」ともコメント。

 更には午前中の番組で、経営陣の刷新がなければ退社する意思も示した極楽とんぼの加藤浩次について「この感じだったら加藤さん、下手したら本当に辞めちゃいますよ、こんな感じの会見であれば…。覚悟決めて仰ってるはずなんですけど、こういう形で会社の会見、どうなるか分からない。(加藤が)どういう行動にでるか」と加藤の今後の行動を心配していた。