出会いは20年前の『GTO』

写真拡大

「記念すべき第100作という節目だけに、出演者やスタッフの気合いは尋常じゃない。撮影は折り返し地点ですが、現場には常に緊張感が漂っています」

 NHK関係者がそう話すのは、来年4月スタートの連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)の撮影現場。広瀬すず(20)演じるヒロイン・なつが、戦後、草創期のアニメ業界に飛び込むというストーリーだ。

 戦争で両親を失ったなつの義母役は、松嶋菜々子(45)が演じる。出世作となった54作目の『ひまわり』(1996年)以来、23年ぶりの朝ドラ出演だ。

 10か月に及ぶ朝ドラの撮影は週5日、朝から晩まで行なわれ「出演者には、演技力以上に体力が求められる」(同前)というほどのハードスケジュール。出ずっぱりの出演者は、クランクアップ後にしばらく休養を取ることも珍しくない。

「『なつぞら』の放送は来年9月までですが、実は松嶋さんは、直後の来年10月クールの連ドラ主演がすでに決まっていると囁かれています。松嶋さんの代名詞でもある人気シリーズ『救命病棟24時』(フジテレビ系)の新シーズンだそうです」(テレビ局関係者)

 2001年に反町隆史(44)と結婚した松嶋は2004年に長女(14)、2007年に次女(11)を出産。以降は仕事をセーブして子育てを優先してきた。

「連ドラ主演となると2011年の『家政婦のミタ』(日本テレビ系)と2016年の『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)くらい。娘さんたちが手がかからない年頃になったこともあって、朝ドラからの“連投”になったんでしょう」(同前)

 所属事務所とフジテレビはともに「出演が決まった事実はない」と否定したが、芸能関係者はこうした情報が流れる理由を推測する。

「バレエを習っている長女が、高校からは英ロンドンの名門バレエ学校に留学予定だそうです。しっかり仕事をして、経済的にも娘の挑戦を後押ししたいという思いがあるのでしょう」

 ちなみに10月クールと言えば例年、夫の反町が出演する『相棒』(テレビ朝日系)という強敵がいる。

「水谷豊(66)の評価も高く、来年以降も“相棒”を演じると聞いている」(テレビ誌記者)

“娘のための夫婦対決”が実現するかも?

※週刊ポスト2018年12月21日号