田原総一朗氏、終戦を伝える「玉音放送」を聴いた日を振り返る

ざっくり言うと

  • 終戦当時11歳だった田原総一朗氏は、自宅のラジオで玉音放送を聴いた
  • 離れの2階に上がって、泣いて泣いて泣き続けて寝てしまった田原氏
  • 「良かった」という思いはなく、「占領軍が来る」と不安を抱いたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング