「彼の前では常に“かわいいわたし”を演出しています!」という女性も少なくないのではないでしょうか。このようにあえて言葉にすると多少のあざとさは否めませんが、でも誰だって好きなひとの前では少なからず気取ってしまうものだと思うんです。ただ、そうはいっても一瞬たりとも気を抜かないなんていうのは不可能。それは仕方がありません。だって、人間なんですもの……。一瞬の油断が招いた大失態(1)ベルトのバックルを勢