保奈美は長女のデビューをバックアップか

写真拡大

 またひとり、大物芸能人の2世が芸能界の扉を叩くかもしれない。

【写真4枚】おしゃれな黒トートバッグを肩にかける鈴木保奈美の美しき後ろ姿

鈴木保奈美さん(54才)と石橋貴明さん(59才)の長女・Aさん(21才)が、芸能界デビューを準備しているそうです。Aさんは現在海外の大学に留学中で、卒業を間近に控えています。以前から芸能界に興味を持っていたそうで、社会人になるタイミングで決意したんでしょう」(芸能関係者)

 Aさんが芸能界への憧れを抱くようになったのは15才の頃だという。

「両親の活躍を見て、自然と興味を持ったそうです。Aさんは保奈美さん譲りのスタイルのよさを生かし、高校生の頃からアパレルブランドのモデルとして活動したり、インスタグラムでも積極的に発信していました。自宅で部屋に籠もって勉強していると思ったら、韓流アイドルの映像を見てダンスの練習をしていたこともあったと保奈美さんがもらしていたこともありました」(前出・芸能関係者)

 だが、芸能界の厳しさを知る保奈美と石橋は、Aさんの芸能界入りに大反対だった。

「Aさんは現在、留学先で観光などのサービス業について専門的に学んでいます。保奈美さんとしては、日本を離れたことでAさんの芸能界への憧れが薄れることを期待していたようです。でも、逆に、芸能界への思いは日増しに強くなっていったようです。“親の七光り”とは言われたくない。そんな思いが強く、自分でモデル募集などに応募してはチャンスをつかもうとしたこともあったようです」(石橋家の知人)

 愛娘の覚悟に、母の心境も少しずつ変化していったようだ。

「保奈美さんとしてはいまも反対の立場は変わりませんが、そこまで強い思いを持つ長女を尊重する思いも出てきたようです。実は保奈美さんは、昨年7月に個人事務所を設立しています。代表は保奈美さんの妹で、取締役に母親が名を連ねる完全なファミリー事務所です。

『実家の生活を助けるため、資産管理で設立した』と説明されていますが、長女のデビューを見越したものと見る関係者も少なくないんです。ついにバックアップする決心を固めたのではないでしょうか」(別の芸能関係者)

 長女の芸能界入りが現実味を帯びる一方で、夫婦の微妙な距離感が浮き彫りになっている。

「ふたりはここ数年、“不仲説”が幾度となく報じられています。昨年9月には保奈美さんが自宅とは別に個人名義でマンションを購入していて、“おひとりさま”の準備を始めているようにも思えます。しかも、石橋さんは長女のデビューにはいまだ大反対の立場。仮にAさんが保奈美さんの個人事務所からデビューするとなれば、その溝はさらに深まってしまうのではないかと心配です」(前出・別の芸能関係者)

 家族共演は見てみたい。

※女性セブン2021年2月11日号