藤浪晋太郎投手。写真は2017年3月、日本代表チームのメンバーとして参加したWBC1次ラウンドのときのもの(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)


 この問題は根が深い。そう思わずにはいられない自分がいる。阪神タイガースに所属する藤浪晋太郎投手と伊藤隼太外野手、長坂拳弥捕手の3選手がPCR検査で陽性反応を示し、新型コロナウイルスに感染した。3選手いずれも入院中とはいえ幸いにして症状は回復傾向にあり、2度目のPCR検査で陰性が確認されれば退院が可能になるという。

 ただ日本のプロ野球界から初の罹患者が現れた衝撃は大きく、NPB(日本野球機構)とセ・パ12球団が目指すとしていた4月24日の開幕戦も見送られることが確実となった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「実名公表」に対する拍手喝采から一転・・・

 しかし、開幕が再びずれ込むこと以上に驚かされているのは阪神のずさんな対応だ。

 球団側は発表当初の経緯説明で、3選手のうち最初に名前が公になった藤浪について「実名で報道してください」と本人が望んだことを強調していた。それまであまり知られていなかった嗅覚の異常が初期症状として現れたことで、多くの人たちへの啓発につながると考えたとのことだった。

 この“大本営発表”にまんまと乗せられ、一部のメディアは実名報道を望んだ藤浪を大絶賛。稀代のヒーローであるかのごとく「よくぞ、勇気をもって名乗り出た」と奇妙なぐらいに持ち上げまくった。ここまでは阪神側の思惑通りだったのかもしれない。

 ところが徐々に真相が明らかになってくると大きく逆風へと変わった。大阪府や神戸市など行政側の発表によって藤浪ら阪神の選手と会食していた20代女性3人の新型コロナウイルス感染が判明。3月14日にタニマチと思われる知人宅で行われたホームパーティーに藤浪ら7選手が参加していた事実が明らかになり、その場は飲食業に務める若い女性たちもまじえた総勢30人以上の“怪しげな会合”であったことも分かってきた。内情を人づてに聞いていたと思われる球界OBがラジオ番組でゲスト出演し、その会合の詳細を赤裸々に語ったことも真相究明につながった。

 ここでは割愛するが、2日発売の週刊文春でもこの会合の様子が詳報されており、阪神側としては言い訳ができず非常に苦しい立場へと追い詰められている。今週末発売の写真週刊誌上でも別の“追撃爆弾記事”が投下されるとの情報も球界内では飛び交っているようだ。

このご時勢、感染リスクのある場に出てゆく脇の甘さ

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、日本中が「3つの密」を控える行動を強いられている。その最中に社会的影響力の大きいプロ野球選手たちが室内で多くの人数を集め、密接な行為に及んだのではないかと疑念を持たれても仕方がないような催しに参加していた。事実、選手3人を含む参加者6人と選手の同居家族1人の計7人が感染者となり、クラスター(小規模な集団感染)を生み出したのだ。罹患してしまったことは確かに気の毒だが、自粛をする中でこのような感染リスクの大きい会合に躊躇なく喜々と参加していた阪神の7選手の軽率な行動には開いた口がふさがらない。

 その選手たちを管理する立場の阪神は、もっと糾弾されなければいけない。行政の発表によって自軍選手たちと濃厚接触していた女性たちの感染が明らかになり、阪神側も当初の説明を二転三転させざるを得なくなった。しかし相変わらず全貌を明らかにしようとしていない。複数回に渡ってヒアリングを行ったにもかかわらず、今も会合に参加した延べ人数を正確に把握できていないという。これだけ世の中が感染に対して神経を尖らせているというのに、こんないい加減な対応が許されていいのだろうか。疑問が拭えず、強い憤りを覚える。

 一部の夕刊紙や週刊誌などはとても頑張っていると思うが、多くのメディアがこの阪神問題を不思議なほどにあまり追及しない。特に当初、球団の発表を鵜呑みにする形で、実名報道を望んだ藤浪の行動を美談として扱っていた前出の一部のメディアは、今更ながらに阪神をやんわりと刺す記事をちゃっかりと掲載してお茶を濁している。だがそれもパンチに欠ける内容でとても追及とは言い難く、みっともない手のひら返しにしか見えない。

「いかんせん多くのメディアは“出入り禁止”をチラつかせる阪神にビビってしまいがち。及び腰なのは明白だ。そういうチェック機能が甘くなっている構図も近年の阪神を図に乗らせてしまう傾向に拍車をかけている」との指摘はあながち間違っていないだろう。

 実際、阪神で起こったクラスター発生は他球団に多大な悪影響を及ぼしている。中日は伊藤隼と二軍の練習試合で接触した疑いがあった自軍の選手を数日間、自宅待機にさせるなど対応に大わらわだ。そうした背景があるからこそ他球団からは阪神に対して感染した3選手だけでなく、会合に参加していたとされる7選手のうち4名の実名公開もしくは情報共有を強く要望する声も出ている。ところが阪神側はプライバシーをタテに罹患していない4選手の実名は伏せたままで、他球団にも開示するつもりは今のところないようだ。

事実の公表拒む態度に増大する球界からの不信感

 複数の球団関係者が「4選手は同じ会合に参加して感染リスクが高いのだから、そのルートを解明するためにも情報開示は絶対に必要だ。もし後で発症したら取り返しがつかないことになる」と声を揃えるのも当然の話である。

 その中からは、

「4選手の中には元タイトルホルダーを含む20代の一軍野手2人がいるなどといった怪情報も球界には飛び交っているし、真偽を明らかにする意味でも阪神は一刻も早く明らかにしたほうがいい。さらに最悪なことに、九州の行政からの発表を基に『くだんの会合から8人目の感染者が出た』『8人目は未成年女性』などといった信ぴょう性の高い情報もネット上を中心に錯綜し始めている。

 このように事をうやむやにしたままでは探りを入れられ、球界全体のイメージダウンにもつながってしまう。新型コロナウイルスとの戦いに正面から向き合い、乗り越えていくためには妙な隠し事はせず12球団が一丸となっていかなければいけない。他の11球団、そして世の中全体も阪神に不信感を覚えつつある現状を憂いています」

 と、さらに突っ込んだ警鐘も鳴らされている状況だ。

 他の球団が外出禁止などの自粛令を出していた中、阪神はつい最近まで基本的に選手任せにして特に規制を設けていなかったことも問題視されている。明らかな「管理不行き届き」として糾弾されるべきだろう。

 強いトーンに終始してしまったが、これも「タイガース」を愛しているからこそ。全国の虎党も同じ思いであると確信している。この問題発覚を起点に阪神がクリーンな球団として危機意識を強め、体質改善と情報開示に本腰を入れることを期待したい。

筆者:臼北 信行