セントライト記念・ガイアフォース (C)競馬のおはなし

写真拡大

 19日、中山競馬場で行われた11R・セントライト記念(G2・3歳オープン・芝2200m)は、松山弘平騎乗の3番人気、ガイアフォース(牡3・栗東・杉山晴紀)が勝利した。アタマ差の2着に1番人気のアスクビクターモア(牡3・美浦・田村康仁)、3着に2番人気のローシャムパーク(牡3・美浦・田中博康)が入った。勝ちタイムは2:11.8(稍重)。

【ローズS】川田「本番は更に良い状態でという感触」アートハウスが重賞初制覇アスクビクターモアを競り落とす

 3番人気に支持された松山弘平騎乗、ガイアフォースが嬉しい重賞初制覇を飾った。直線では抜きつ抜かれつの激しい追い比べだった。先に抜け出しを図ったアスクビクターモアを目掛けて外から並びかけると、坂を登って一瞬遅れをとったが、それでも外から勝負根性を発揮してもうひと伸び。最後の最後にアタマほど見事に差し切った。

ガイアフォース 5戦3勝
(牡3・栗東・杉山晴紀)
父:キタサンブラック
母:ナターレ
母父:クロフネ
馬主:KRジャパン
生産者:追分ファーム

【全着順】
1着 ガイアフォース
2着 アスクビクターモア
3着 ローシャムパーク
4着 セイウンハーデス
5着 ラーグルフ
6着 ボーンディスウェイ
7着 オニャンコポン
8着 キングズパレス
9着 ショウナンマグマ
10着 ベジャール
11着 サイモンバロン
12着 ロンギングエーオ
13着 マテンロウスカイ