何もかもが記録ずくめの国民的番組となった

写真拡大 (全2枚)

ダメ出しで脚本の書き直しが

 今日ついに最終回を迎えるドラマ「半沢直樹」(TBS系)。初回から9話連続で20%台と高視聴率を獲得するお化けドラマだが、国民的な熱狂の裏で収録遅滞が慢性化し、現場は常に綱渡りの状態だったという。9月6日放送の第8話が放送延期された際、番組は「新型コロナウイルスの影響」と説明したが、本当の理由は制作スタッフ間のトラブルだったのだ。

 ***

 新元号に変わって日が浅いとはいえ、「令和」のドラマ視聴率では1位を獲得、SNSのツイッターにおける「トレンド世界一」にも輝いた。何もかもが記録ずくめの国民的番組となったのが、TBS系列で放映中の日曜劇場「半沢直樹」だ。

 毎週20%超の視聴率を叩き出すお化けドラマも、いよいよ9月27日の第10話を以て最終回。どんな「千倍返し」が待っているのか――。実は視聴者以上にハラハラして最終回を迎えるのは、ドラマ制作に携わるスタッフたち。今年2月にクランクインしてから、収録遅滞が続き現場は綱渡り状態だった。

何もかもが記録ずくめの国民的番組となった

 その象徴たる出来事が第8話の放送延期だろう。収録が間に合わないという前代未聞のトラブルに、苦肉の策としてTBSは放映日に「緊急生放送」を企画。堺雅人や香川照之、片岡愛之助ら主要キャストによる座談会を決行したのは記憶に新しい。

 コロナを理由に全てのことが「想定外」で片づけられてしまう昨今、TBSも表向きには「コロナの影響で撮影スケジュールが狂ってしまった」との釈明に終始しているのだが……。

テレビ業界で評判の高い“ジャイさん”こと福澤監督

 スポーツ紙の芸能デスクに言わせれば、

「クランクインは2月でしたが、コロナで撮影が2カ月ほど中断。放送開始後も、8月にはスタッフに感染者が出てしまった。予防の観点から予定していたロケ地も変更となり、放送直前に編集を終える態勢を余儀なくされたのです」

 だが、疫病の影響は他局だって同じこと。同時期に始まった連続ドラマで、予定日に放送できず「緊急特番」となったのは「半沢直樹」だけなのである。

「一番の原因は、脚本家の八津弘幸さんが続編では外されたことです」

 と明かすのは、さるTBS関係者。

「2013年版の半沢で、全話の脚本を担当していた彼に代わり、今回は複数人の脚本家がチームを組んで台本を書く体制となりました。その彼らに対して、プロデューサーや監督のダメ出しが続き、コロナ禍に関係なく第1話から脚本の仕上がりが遅れていた。いざ収録が始まっても、主演の堺さんは職人肌なので、“半沢ならこういうことは言わない”と注文をつけることがあり、台本の書き直しが日常茶飯事となっていました」

脚本への不満

 実際、先の「緊急特番」を振り返ると、脚本への不満とも取れる出演者たちの発言が散見された。

 前出のデスクによれば、

「堺や香川などの主要キャストは、今作で話題の『おしまいDEATH!』などの名台詞の多くが、役者のアドリブであったことを吐露しました。要は台本に書かれていないセリフは、我々が現場で思いついたことだと。視聴者へのお詫びも兼ねた生放送ですから、多少のリップサービスもあったと思いますが、脚本家から見ればチクリと皮肉を言われているようなものですよ」

 ちなみに、件の番組では、司会の安住紳一郎アナが、こう視聴者に釈明していた。

「今夜の放送ができなかった最終責任を担うということで、福澤克雄監督にも同席いただいています」

 彼こそが半沢の演出を一手に担う監督で、その風貌と相俟(あいま)って局内ではジャイアンにちなみ「ジャイさん」と呼ばれているとか。福澤諭吉の玄孫で慶大時代にはラガーマンとして日本一も経験。TBS入社後、ドラマ制作の現場で頭角を現し、「下町ロケット」シリーズや「陸王」など池井戸潤氏原作の作品を多数手がけてきたヒットメーカーである。

 その傍らには、企画段階で原作者と折衝し、キャスティングや予算の配分を差配する相棒のプロデューサー・伊與田(いよだ)英徳氏と、脚本を担当する八津氏の存在が欠かせなかったという。

 先のTBS関係者曰く、

「今でこそ、NHKの次期朝ドラを担当するなど売れっ子の八津さんも、実質的には前回の半沢直樹でブレイクしたと言っていい。当時は福澤さんの手足のように使われ、その都度、台本を書き直しさせられた挙句、撮影中もTBSの緑山スタジオで寝泊まりさせられていました。身を削って“福澤ワールド”を形にしてきただけに、福澤監督と何本も作品を手掛けて結果を出し、両者の関係はバッチリはまっていた」

監督の“パワハラ気質”に脱落者が…

 ところが、名脚本家との蜜月は突然終わりを迎える。

「最終的には伊與田プロデューサーの判断で、八津さんは半沢続編に関わらないことになった。3人の間に何があったのかさまざまな臆測が飛び交いましたが、“一緒にやってきた功労者を平気で切り捨てるのか”“半沢続編は大丈夫なのか”と、疑問の声が上がりました」

 理由のひとつに、福澤監督らの制作手法があるのではないか。そう指摘するのは、さる制作会社のディレクターである。

「福澤監督は根っからの現場好き。悪意があるわけではないと思いますが、パワハラ気質な面があるのは否めません。台本は伊與田プロデューサーと脚本家で土台を築く。その後、福澤監督が細部をチェックして作り上げていくスタイル。監督もプロデューサーも脚本家を缶詰にして、これじゃダメだと何度も突き返して、TBSの本社などに1週間居残らせることもザラです。脚本家として自我が芽生えた八津さんも、耐え切れず不協和音が生じたのでは」

 今回の半沢続編でも、過去の池井戸作品を手伝った別の脚本家を中心に、若手など数十人が起用されたが、

「厳しい監督とプロデューサーの書き直し要求に耐えたのはわずか数人で、他は脱落してしまいました」(同)

 まさに半沢の世界を地で行くサバイバルが、制作現場では展開されていたのだ。

 当の八津氏に話を聞くと、

「今回の半沢には全く絡んでいないので……。それはなんともお答えがしづらいところです。局や事務所を通して貰えますか。申し訳ありません」

 そう繰り返し、困惑するばかりだったのである。

「放送中止は前代未聞」

 同じくTBSのドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で、名プロデューサーの石井ふく子氏とコンビを組む脚本家の橋田壽賀子氏は、

「『半沢直樹』のような原作モノは、絶対やらないって決めているんです」

 と口を切った上で、その理由をこう語る。

「やっぱり原作モノは大変ですよ。面白くても褒められるのは原作者だし、ヒットしなければ責められるのは脚本家。どうしても原作ありきになるから、やりたくない。過去に手掛けたことはありますが、石井さんから“原作の通りにやって”“こう直して”って命じられ、ケンカしながらやっていました。私も彼女のおかげで世に出られたから、足を向けて寝られませんが」

 さらには、今回のように撮影が遅れて放送が止まるのは前代未聞だとして、橋田氏が話を続ける。

「長年ドラマの現場にいますが、そのような話は聞いたことがありませんね。俳優さんと揉めて撮影がストップしたことはありますよ。私の経験では大河ドラマ『春日局』の時でしょうか。主演の大原麗子さんが、家光の実母・お江与を演じた長山藍子さんの出番が多いって文句を言って休んでしまった。実母でありながら自分の息子を育てられない。その辛さをきちんと描くためには、長山さんの役を大きく描かざるを得ない場面があったんです」

 この時、橋田氏は自宅のある熱海から上京して、大原の説得にあたったとか。

「そもそも、長山さんがこの役になったのは、大原さんに“友達だから配役して”って頼まれたから。なのに、“あの人を外して”とワガママを言うのだから呆れました。中華料理屋でスタッフと一緒に説明して、“そのうち春日局の出番の方が多くなるから”って諭して台本は変えなかった。1日撮影が止まってしまいましたが、幸い放送に影響はありませんでした。そんなに揉めたのはこれくらいで、普段はプロデューサーが現場で上手く処理してくれるものなのです」

「週刊新潮」2020年10月1日号 掲載