顔の動く腫れを米女性が自撮りで記録 医師が最終的に寄生虫を摘出

ざっくり言うと

  • 女性の顔から寄生虫が摘出された症例が、米医学誌に発表された
  • モスクワ郊外の農村地帯を訪れた数日後から、女性の顔に膨らみが出現
  • 皮膚の下で動く腫れを数週間にわたり女性が自撮りで記録し、摘出に至った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング