ブルック・ラブトゥ【写真:Getty Images】

写真拡大

東京五輪の新種目スポーツクライミング、海外選手の練習が話題に

 新型コロナウイルスの被害が世界で拡大している。感染防止のため厳しい制限が課される地域のアスリートは、限られた練習環境で努力をしているようだ。東京五輪で新種目となったスポーツクライミングの選手は、家の中のあらゆるものを使ってトレーニングを続けていると米メディアが伝えている。

 クライマーだからこその練習環境だ。家の中、階段の後ろ側を手の力のみで登っていく女性。上部まで行くと、今度は手すりにつかまって逆上がりだ。その後、わずかな凹凸がある岩壁に移動。花瓶や壺がおかれている場所も、一度も地面につかず四肢の強さで横に移動した。

 米国のクライマー、ブルック・ラブトゥの家の中での練習を動画付きで紹介したのは米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」電子版。「五輪のロック・クライマー、都市閉鎖の中でクリエイティブな試み」と題し、こうした家の中でも鍛錬を続ける選手としてラブトゥのほか、ワールドカップ5度制覇のステファノ・ギゾルフィ(イタリア)について紹介している。

 記事によると、新型コロナウイルス感染拡大前、27歳のギゾルフィは自身を含め4人で五輪代表の座を争う状況にあった。ただ、ギゾルフィの在住するイタリア北東部のアルコ村は、イタリア国内でも特に感染拡大の酷かった地域。現在は、バルコニーに出ることはできるが、屋外でのランニングなどは厳しく制限されているという。

家具を使ったトレーニングを披露「人々を結びつける方法になると考えたんだ」

 屋外の練習に制限がある中、ギゾルフィは自宅ガレージに設置してあるクライミング・ウォール(4・8m×3m)で1日5時間程度練習しているほか、家具を使った一風変わった練習も取り入れているという。

 記事では練習について「ギゾルフィはクロストレーニングの一環として、13万1000人いるインスタグラムのフォロワーに対しクリエイティブなことをしようと考え、『テーブル・トレーニング・チャレンジ』を考えつく」と紹介。キッチン・テーブルの周りを円を描くように動いたり、地面に手をつくことなく作業机に向かって移動するトレーニングを行っているという。クライマーだからこそできる練習といえるだろう。

 ギゾルフィは自身のトレーニングについて「これは人々を結びつける方法になると考えたんだ。仕事を失ったり、深刻な状況にいる人がたくさんいる。だから、彼らに笑顔で、ポジティブな面を見てもらおうと努力してきた。それが僕の望みなんだ」と同誌に語っているという。(THE ANSWER編集部)