9月30日、東京地裁に破産を申請した「白鳥エステ」運営の(株)アキュートリリー(TSR企業コード:300584920、渋谷区)の負債総額が約1億5,000万円だったことが東京商工リサーチの取材でわかった。債権者の総数は286名、うち労働債権(従業員)は約160名にのぼる。

 関係者によると、「業界平均より安い施術料金だった一方、従業員の給与は比較的高めに設定して(収益は)逆ザヤに陥っていた」という。だが、元従業員は「最終的に給与が支払われておらず、貯金を取り崩している状況」と給与未払いを憤っている。
 白鳥エステは、ピーク時には東京、大阪など全国で10店以上を展開していた。人気が広まった理由について、別の関係者は「一部のインフルエンサーがSNSで度々(白鳥エステを)紹介したことでお客さんが増えた」と背景を説明する。また、プランの押し売りをしないサービス姿勢や施術の質の高さ、若くしてサロンを次々にオープンして活躍する白鳥社長のパーソナリティーに惚れ込んだ従業員も多いという。こうして「顧客からエステティシャンになった人も少なくない」と内情を明かす。
 ここ数年はエステティシャンの養成講座を開くなど活動の場を広げ、その分だけ多くの被害者を生むことになった。なぜ白鳥エステが多くの若者を惹きつけ、躓いた理由はどこに隠れていたのか。エステ業界の雄ともてはやされたリーダーの破たんは、まだ余波が続く。