厚生労働省のレポート「2019年国民生活基礎調査の概況」によると、1世帯当たり平均所得金額は、552万3000円となっています。本記事では所得金額や貯蓄金額の実情について紹介します。所得金額最も多いのは「200〜300万円未満」「所得」と聞くとお給料による「収入」を思い浮かべるかもしれませんが、両者の種類は異なります。所得とは、源泉徴収前の収入から必要経費を引いて残った額を指します。一般的なサラリーマンの場合は、