年金手帳を廃止する方向で検討 電子データ化が進み役割低下

ざっくり言うと

  • 厚生労働省が年金手帳を廃止する方向で検討していることが29日、分かった
  • 電子データ化により手帳に記載されている基礎年金番号の役割が低下した
  • 手帳より発行費用がかからない簡素な通知書で代替する考えとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x