韓国で“第2の曹国(チョ・グク)事件”と呼ばれる騒動が起きている。剥いても剥いても疑惑が出てくることから「タマネギ男」と呼ばれた曹国・元法相の再来のように、疑惑が次々に噴出しているのである。これは、元慰安婦の韓国人女性が、これまで運動をともにしてきた市民団体とその前代表の現職国会議員を告発したことがきっかけだった。ソウル在住ジャーナリストの藤原修平氏が報告する。【動画】韓国軍の蛮行伝えるライダイ