藤田ニコル、イヤな想い出のチュー「キツかった」

写真拡大

モデルでタレントの藤田ニコル(21歳)が、5月16日に放送されたバラエティ番組「♯ミレニアガール」(フジテレビ系)に出演。中学生の頃の“キスの想い出”を語った。

この日、「最低だったというか、すごい想い出ある」という、中学生の頃に好きでもないヤンキーと付き合っていた話を始めた藤田。好きでもないのになぜ付き合ったのか、それについて藤田は「『付き合おう』みたいに(言われ)、断れなくて。仲間内も怖いし」という状況を説明し、「プリクラとかも撮りたくないのに撮らされたりとか。普通に芸能やってたからヤバいんだけど」と、とにかく楽しくない恋愛だったようだ。

そして「(仲間は)よく土手で集まってたんですけど、荒川の。土手でその人と2人で座ってて、そこでチューされたんですけど、“ヨダレの味”がしました」と衝撃の告白。藤田は「好きでもないから、プラス“ヨダレ”臭くてくて。結構、イヤな想い出です」と語った。

このときの経験から学んだのは「好きじゃないキスってこんなに辛いんだって。好きになった人とのキス知ってるから、いま思ったら苦痛だったなって」。そして改めて「普通のチューじゃなくて、そのときが……(ディープ)してたから……めっちゃキツかった。最低だったキスだね」と振り返り、中学生の時点で「やっぱ好きじゃない人と付き合っちゃダメだって思った」という。