宮崎香蓮のブログのスクリーンショット

写真拡大

TBSで深夜に放送された『検索してはいけない』で内容の重さに堪えかねた女優の宮崎香蓮が、テレビ番組では禁断の言葉を連発。MCを務めたベッキーも彼女の手を握って抑えようとするが、さらに発言はエスカレートしてしまう。ついにあのベッキーがブチ切れる事態となった。

「見たら呪われる」「見たら驚愕する」など巷で、まことしやかに囁かれている“検索ワード”。これらを実際調べてみて、一体なぜ『検索してはいけない』のか? 真相を探る!

このように番組サイトで前もって伝えられただけでも怖そうな深夜バラエティ『検索してはいけない』が、4月9日の23時53分から放送された。少しでも明るくしようという配慮からか、MCにはベッキーが起用されている。彼女をセンターにしてひな壇には、オカルト女子会と呼ばれるメンバー、バービー(フォーリンラブ)、宮崎香蓮、鈴木奈々、おのののか、佐野ひなこ、鈴木あやなどが座る。

番組の最初のテーマを終えたところで、ベッキーが「1本目から重めでしたね。いやー、怖かったわ。想像以上に…」と口を開くと、バービーも「もうちょっと、ライトなのをやろうよ」と同感した。

ベッキーの隣、つまり最前列のセンターの横というポジションに座るのは宮崎香蓮だ。彼女は早稲田大学社会科学部在学中の現役女子大生で、クイズ番組などでも活躍。女優としても過去に共演したことから“平成の吉永小百合”と囁かれている。

ところが、その宮崎香蓮がしきりにこめかみを押さえて顔をしかめると、「自分がもし、この番組の視聴者だったら、絶対にチャンネルを変えてます。自分だったら見たくない!」と言い出した。ベッキーが慌てて彼女の膝の上で両手を握って「そんなことないよ。みんなチャンネルは変えない」とフォローする。

すると、何を思ったのか宮崎香蓮は「でも、このVTRは仕事だから見ないといけないんです」とさらに本音を明かして、ベッキーを困惑させた。

そのベッキーの姿に「ちょっと、いろいろ混乱しちゃって…」と宮崎香蓮も申しわけなさそうにしたが、すでに遅かった。ブチ切れたベッキーから「芸能界に向いてないわ!」と告げられてしまったのだ。

『検索してはいけない』は、以前人気のあったスペシャル番組『やりすぎ都市伝説』の内容をネット検索に絞ったものといえそうだ。どうしても気になる方は検索エンジンで“検索してはいけない”と検索するとそれらしい情報が出てくる。※画像は、『宮崎香蓮オフィシャルブログ』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)