試合後、みのるに毒霧!“世界を知る男”TAJIRIが挑戦に名乗りを挙げた!

写真拡大

2月17日(土)両国国技館で開催された全日本プロレス『プロレスLOVE in 両国vol.2』。メインイベントでは、前シリーズで散々挑発合戦を繰り広げた鈴木みのると小島聡が三冠ヘビー級王座を懸け激突。試合はみのるのスリーパー、小島のラリアットが幾度となく火を噴くも、最後はみのるがスリーパーから逆落とし2連発、片羽絞めへと移行。そのまま小島に覆いかぶさりピンフォール勝ちをスコア。小島の王座奪回に気運が高まる中での防衛。試合後、みのるは「強くてごめんね」、「チャンピオンカーニバルは、俺の挑戦者決定リーグ戦だな」と嫌味交じりにマイクアピールを行った。

しかし、この発言に呼応し一昨年にチャンピオンカーニバル(以下、CC)を制し今年1月に復帰を果たした佐々木健介がリングへ登場。後に続けとばかりにTARUが諏訪魔とRO’ZのCC投入を宣言するや、早くもリベンジを狙う小島に大鷲透、武藤敬司も黙ってはいなかった。挙句の果てには、TAJIRIがみのるへ毒霧で宣戦布告、「世界一性格が悪い男と言われてるそうですけど、本当に世界を知ってるんですか?」と言い放つとファンも歓声で後押しした。みのるは「前言撤回、俺もCCに出る」と正式にエントリーを表明。今年は例年以上により一層豪華なラインナップでCCが開催される運びとなった。

また、セミファイナルでは川田利明、太陽ケア組が諏訪魔、RO’Z組を退け、この日から復活した世界タッグを奪取。第6試合では、“ジュニアの絶対王者”近藤修司を健介オフィスの中嶋勝彦が執念の撃破。見事、史上最年少世界ジュニア王座に輝いた。その他、全試合結果は下記の通り。
メインイベント 三冠ヘビー級選手権試合60分1本勝負
【王者】
○鈴木みのる
23分58秒
体固め
※スリーパーホールド
詳細はコチラ
【挑戦者】
小島 聡×
セミファイナル 世界タッグ王座決定戦時間無制限1本勝負
川田利明
○太陽ケア
22分31秒
横入り式エビ固め
詳細はコチラ
諏訪魔
RO’Z×
第6試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合60分1本勝負
【王者】
×近藤修司
24分25秒
ジャーマンスープレックスホールド
詳細はコチラ
【挑戦者】
中嶋勝彦○
第5試合 タッグマッチ45分1本勝負
○グレートムタ
TAJIRI
14分22秒
体固め
※シャイニング・ウィザード
ゴールド・ダスティン×
白使
第4試合 タッグマッチ45分1本勝負
○曙
大鷲 透
9分37秒
体固め
※64
スモー・リキシ
ジョニー・ダン×
第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
佐々木健介
×三島来夢
15分2秒
片エビ固め
※TARUドリラー
TARU○
SUWA
第2試合 AHIIワールド
○AHII6分1秒
スワンダイブ式高速ウラカンラナ
マスタードン×
第1試合 タッグマッチ30分1本勝負
○カズ・ハヤシ
TAKAみちのく
8分10秒
片エビ固め
※ファイナルカット
NOSAWA論外×
MAZADA
第0試合 6人タッグマッチ30分1本勝負
渕正信
平井伸和
○土方隆司
12分17秒
片エビ固め
※Jハイキック
AKIRA
雷陣明
菊タロー×