テレワークが意外とはかどる場所5選。公園やラブホテルは穴場

 テレワークの需要が高まる中、東京都がサテライトオフィスを提供するサービスを1月に開始しました。都が確保した多摩地域の宿泊施設の部屋を、テレワーク希望者に原則9時から19時まで1日1室500円(税込)で提供するというもので、実施期間は2021年3月20日まで。驚きの安さで、利用できる人がうらやましい!

 多摩地域から遠い人にも、安くてお手軽なテレワークスポットはないものでしょうか? そこで今回は、「テレワークにおすすめの場所いろいろ」をまとめてみました(※料金は2021年2月時点の税込金額、筆者調べ)。

◆テレワークスポット .ラオケ店

 リーズナブルにリモートワークをしたい人におすすめなのがカラオケ店です。歌広場、ビックエコー・カラオケ館・など、コロナ禍で大苦戦中の大手カラオケチェーンが、続々とリモートワークプランを用意しています。

 ビッグエコーのテレワークプランは、ドリンク飲み放題とWiFi、電源がついて1時間で、1名1室500円、6名以上1室2,500円。人数の多いミーティングなどで真価を発揮するタイプのプランです。また歌広場の「ウタヒロでテレワーク」プランは、平日最長8時間の利用で600円とお手頃価格。

 そして施設がきれいでお値打ち、と筆者の周囲にもユーザーが多いのが、カラオケパセラ。「おしごとパセラ」というサービスを提供し、カラオケの個室をリモートワーク仕様にしています。プリンターやホワイトボードなど無料貸出備品が豊富なのも嬉しいポイント。料金は2時間1,400円からで、複数人での利用も可能。

 防音の部屋で集中しつつ、ひと段落付いたら歌う! というのもアリかも。

◆テレワークスポット◆.ぅ鵐拭璽優奪肇フェ

 カラオケ店と同様に、インターネットカフェも各店がリモートワークサービスの提供を始めています。全国チェーンのインターネットカフェでは、カラオケ店と同様にリーズナブルな料金が特徴。

 たとえば大手チェーン店の「快活クラブ」では、鍵付き完全個室を提供し、WEB会議用のアプリやOfficeソフトもダウンロード済み。手ぶらで行けて、安心して仕事ができる環境が整っています。さらにうれしいのがドリンクバー無料(ソフトクリーム食べ放題)というオプション。仕事に疲れたときに、いい気分転換になりそうです。料金は完全鍵付き個室で、3時間パック1,191円。

◆テレワークスポット ファミレス&カフェ

 コロナ禍以前は、「勉強や仕事など、長時間の席のご利用はお控えください」という張り紙を目にしていた飲食店ですが、コロナ禍で業態が様々に変化しています。最近では電源やWifiを使い放題にするお店も増えていますよね。

 ファミレスチェーンのデニーズの場合、テレワーク対応店を設置しています。席は個室仕様となっており、電源・Wifiも使い放題。平日14時から18時まで時間無制限の利用で、ドリンクバーがついて600円というのは、嬉しい価格です。カフェやファミレスのほどよい雑音があると仕事がはかどるという人にはぴったりの場所です。

 スターバックスコーヒーは、昨年7月に「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」をオープン。働く人が夢中になれる場所、というコンセプトで有料のブース席やミーティングスペース、ソロワーキングスペースを設置しています。スタバの店内で電話やテレビ会議をするのも新鮮な気分。楽しみながら快適に仕事ができそうです。

◆テレワークスポットぁ.咼献優好曠謄襦ラブホテル 都のサテライトオフィスほど激安ではありませんが、各ホテルも平日の昼間を利用したリモートワークプランを用意しています。たとえばホテルチェーンのアパホテルは、2021年4月末まで「テレワーク応援プラン」を提供中。日帰りプランと5日間連続プランがあり料金はホテルごとに異なりますが、たとえば都内のある部屋で調べると、日帰りで4,500円、4泊5日で15,000円と連泊はかなりお手頃です。実際の宿泊はできないものの、快適な環境で落ち着いて仕事ができそうです。