毎朝の情報番組で、占いコーナーをチェックするのが日課の人も多いのではないだろうか。ただ、中にはこの定番コーナーをやめてほしい、と感じている人もいるようだ。匿名掲示板ミクルに7月上旬、「めざまし占い廃止してほしい」というスレッドが立った。

投稿者は『めざましテレビ』(フジテレビ系)や『おはよう朝日です』(ABCテレビ系)などの朝の情報番組内で行われる占いコーナーを見た時、自分の星座が最下位だと気分が落ちてしまうため廃止してほしいと訴えた。(文:石川祐介)

「こういう人が増えるからテレビがつまらなくなる」と辛辣な声も


トピック内は、投稿者の訴えに対して否定的な声が多く寄せられた。少数ながら「気持ちわかります。当たるとか当たらないとか別にして最下位だと気持ちが下がります」と投稿者に共感する人もいるにはいたが、

「占いが始まりそうになったらチャンネル変えれば良いのでは?」
「そこまで異常なほどセンシティブな性質の人は、見ない方が身のためだと思うよ」

と"嫌なら見るな"と言わんばかりの批判が中心だった。このほかにも「あんなのただのネタじゃん。こういう人が増えるからテレビもつまらなくなるんだろうな。何でも廃止、クレーム」と投稿者をクレーマー扱いする人もいた。

「私も毎朝めざましテレビの占い見てるけど、見た後に家を出て職場に行ったら占いの内容なんか忘れて1日終わる」

そもそも、朝に見た占いを一日中頭に入れながら生活する人は極めて稀だろう。投稿者は、非常にナイーブな性格をしているため、多くの人が指摘しているように見ない方が良いのではないだろうか。

同じ星座の人全員に同じ運命が降りかかるわけがない

また、投稿者に対して「全テレビ局、そしてスポーツ新聞の占い欄を把握しておいて、自分に肯定的な占いだけを信じる事。全部が全部同じ占いでは無い筈」と自分に都合の良い結果を探せば良いとアドバイスを贈る人もみられた。

「占いは活用することにしてます。悪い日には、指摘された悪いことをしないように注意して一日過ごすことを朝に思います。でも、一日が始まると占いのことは忘れて忙しく一日が済んでしまいますね」

悪い結果だからこそ身を引き締めるようにすれば、困難を回避できるだけでなく、物事をうまく運ぶことができるかもしれない。捉え方次第では、1位でも最下位でも自分のプラスにすることができる、という意見を持つ人もいる。

「占いは全く気にしないですね。中学生の頃、私と同じ誕生日の女の子がいました。彼女はとてもキツい性格で好かれていませんでした。その時、私と彼女に同じことが起こるわけがないと確信しました」

誕生日や血液型が同じでも、人が違えば、当然同じ運命が振りかかるはずがない。占いの結果はあくまで参考程度にとどめ、振り回され過ぎないことが大切と言えるだろう。

なんにせよ、朝のニュース番組の占いを楽しみにしている人は多いはず。既に茶の間に定着しているため、どうしても占いの結果を重く受け止めてしまう人は、見るのをやめるほかなさそうだ。