山尾志桜里議員

写真拡大

 3月12日、衆院本会議で行われた新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案の採決で、立憲民主党の中で山尾志桜里議員が唯一、反対した。同議員は、党の法案審議のあり方が非民主的であるとして党執行部まで批判。結局、18日に離党届けを提出、今後は無所属で活動するそうだ。

 ***

【写真】酔っ払った「山尾志桜里」に罵倒された夜

 特措法改正案は、新型コロナの感染拡大に備え、緊急事態宣言を発令できるようにするものだ。首相が緊急事態宣言を発令した場合、都道府県知事が感染拡大の抑制措置が取れるようになる。立憲民主党とすれば、ここは下手に安倍政権の足を引っ張ってもしょうがない、というのが本音だろう。

 山尾議員は、2016年の民進党結成時、政調会長に抜擢された。ところが、17年9月、弁護士の倉持麟太郎氏との不倫疑惑を週刊誌に報じられ、民進党を離党。説明責任を果たすことなく離党したことで、世間の大ひんしゅくを買い、一躍有名になった。それでも同年10月の総選挙で当選、その後、立憲民主党に入党した。

山尾志桜里議員

 元検事だけに、とにかく法律問題となると、一家言あるようだ。12日の衆院本会議に先立つ野党会派の代議士会で、造反の理由を語った。以下はその一部である。

〈特措法ですが、私はずっと、宣言の時は事後承認でもいい、そして延期の時は事前承認、報告ではなくて承認が必要なんだということにこだわってきました。それに対して、承認になっても少数野党ではひっくり返せないんだというような執行部の発言も聞きました。でも私たち、普段から、ほとんど全ての法案そうですよね。ひっくり返せることはほとんどない。それでも真摯に質問に立って、必要があれば与党を説得し、国民の皆さんを説得し、頑張って修正を勝ち取ろうと努力をして、その結果、どうしてもおかしいものだったら、反対をすることで問題点を今と未来に残すことが、野党議員の大事な仕事だと思います。野党の議員が承認に加わってもどうせ覆らないと言うのだったら、野党の議員がいる意味がない〉

 11日の衆院法務委員会で質問したことにも触れた。

〈日本のテレビ局も、指定公共機関に指定することができ、そして、緊急事態宣言が起きれば、内閣総理大臣が報道の内容まで指示できる。これは政府の答弁です。(中略)国民の権利を守る、民主主義のインフラを守ることについては、事前で報告をもらうのではなく、(緊急事態)宣言が本当にやるべきなのか、国会議員の賛否を通じて野党議員も責任を負うべきです〉

 そして、最後は立民の執行部をこう批判した。

〈今回の一連の議論は、私は民主的だとは思わない。国対に始まり、国対に終わった。議員によるオープンで真摯な議論の場というのは本当に少なかった。(中略)非立憲的な法案に、非民主的な方法で決められた賛成に、そのまま賛成することはできないので、反対となります〉

唯我独尊

 山尾議員は、Twitterでも措置法について連日のように呟いていた。いくつか抜粋してみると、

〈3月4日 新型コロナ対策の立法措置をめぐり、今日にも与野党党首会談との報。新型インフルエンザ等対策特別措置法の適用・改正あるいはこの法律を参考にした新法などの選択肢が取り沙汰されています。民主党政権時の法律だから、当然賛成するよね!という与野党のゆるい空気に危機感。〉

〈3月9日 報告さえすれば、宣言も延長もし放題。宣言や期間や措置の根拠を正すための市民イベントも開催禁止できる。外出自粛要請も、保育園や老人ホームの使用禁止も指示できる。これが、国会承認までは不要で国会報告で足りる「抑制的な私権制限」なんですか?私はそう思わない。〉

 枝野幸男代表も俎上にのせた。

〈3月9日 枝野代表は今日午後のツイートで「今回の改正案は、現行法よりも私権制限を強めるものではないし、それはそんなに強い制限ではない」とメッセージしてると受け止めました。たしかに、現行法よりも私権制限を強めるものではないです。そもそも現行法が強い私権制限なのです。〉

〈3月9日 枝野代表の「皆さん『緊急事態』という言葉に振り回されています」というメッセージは、若干「皆さん」に失礼じゃないかと思います。現行法より私権制限が強まるという誤解じゃなく、緊急事態宣言は必要だけど手続きの点で改善すべきだと冷静に見てる国民、たくさんいますよ。〉

「執行部や代表を平気で批判する山尾議員ですが、唯我独尊といったところでしょう。今や立憲民主党の手枷足枷になっていると思いますよ」

 と語るのは、政治アナリストの伊藤惇夫氏である。

「彼女は、特措法の議論の中で、少数野党では承認をひっくり返せない云々の話をしていますが、そもそも、少数野党にしたのは彼女ですよ。つまり、2017年の解散・総選挙の引き金となったのは、3年前の彼女の不倫疑惑です。彼女はその後離婚して、件の弁護士とタッグを組んでいるようですが、男女の関係が疑われるようなスキャンダルを起こしたことについて、どう思っているのでしょうか。少数野党がどうとか今さら言えるような立場ではないと思いますが……」

 とはいえ、特措法に対する彼女の主張は正論だという。

「山尾議員の言っていることは正論です。彼女は自分の主張は絶対に曲げません。それが政治的にどう影響を及ぼすとか、国民がそれをどう見ているか、というところまで考えが及んでいないのです。政治の世界では、時に妥協も必要です。正論だから、一切曲げずに頑なに貫こうとすれば、排除されるだけです。彼女のような人は、政治の世界に入らないほうが良かったですね。弁護士とか評論家に転職なさってはいかがでしょうか」

 無所属となってしまったわけだから、次は共産党か山本太郎とでもタッグを組むのだろうか。

週刊新潮WEB取材班

2020年3月23日 掲載