新型コロナめぐりWHO事務局長が会見「SARSほど致命的ではない」

ざっくり言うと

  • WHOの事務局長は17日の記者会見で、新型肺炎に言及した
  • SARSやMERSほど致命的ではないとみられる、という見解を示した
  • 致死率は約2%で高齢者ほど危険性が増すが、患者の約8割が軽症だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x